こんにちは。
今日は3月13日のこの差ってなんですか?で放送された裏技を紹介致します。
ホットケーキをふわふわに作る裏技や、アイスに◯◯を入れて作るトルコ風アイス、花粉症にまつわる話など…
気になる内容盛りだくさんでした!
早速見ていきましょう!
この差ってなんですか


●ホットケーキをふわふわに作りたい!

マヨネーズ大さじ一杯入れて作ると、ふわふわのホットケーキに!

これは、ホットケーキミックスに含まれるベーキングパウダーと、マヨネーズに含まれる酢が反応するから。
炭酸ガスがたくさん発生し、生地がふっくらするのだそうです。

※混ぜる時は、卵と牛乳を先に混ぜ、粉はあとから入れる。15~20回程度軽く混ぜるだけでOK
※焼く時は、生地を30cmくらいの高さからフライパンやホットプレートに落として焼く
※生地を返す時は、片面を焼いたあと、高い位置から叩きつけるようにして裏がえす


●納豆をふわふわにする方法&納豆にアイス!?

酢を小さじ一杯入れると、納豆がふわふわに!
この時、まず酢と納豆を先に混ぜ、付属のタレを掛けた方がよりフワフワに出来上がる。
※ビニールのフィルムをすんなり取る方法は、ふたを閉じたままフィルムを抜き取ること。
※この酢納豆とバニラアイスを混ぜると、驚きのトルコアイス風になる。

酢がまた出てきました!大活躍ですね。
納豆にアイスはびっくりでしたが、とても気になります…!
納豆が苦手な方でも食べやすく、美味しそうでしたよ。


●花粉症にまつわるあれこれ

花粉がつきやすい服と、つきにくい服の差
静電気の帯びやすさがポイントです。

1位:セーター(ウール)
2位:ジャンパー(ナイロン)
3位:スーツ(ウールポリエステル)
4位:コート(綿)

1位であるセーターは最も静電気を帯びやすい素材で、花粉もつきやすい。
※外出時に綿素材のコート等を外側に着ると付きにくくなる。
※空気清浄機は、玄関先に置くと効果が高まる。

保湿ティッシュと普通のティッシュの違い
空気中の水分を吸収しているかどうかが違う。
保湿ティッシュは、植物由来の保湿剤「ソルビット」と「グリセリン」を使用して作られています。
保湿ティッシュは噛むと甘い味がするそうです。
鼻をかむとき、口に触れても大丈夫なよう、デンプンやヤシなどから取れる、植物由来の成分を保湿剤として使用しているからだそうです。

マスクの違いとは?
使用されているフィルターの枚数が違う。
マスクって、値段にすごく差がありますよね。
これは、マスクに使われているフィルターの枚数が違うからです。
安価なマスクは、使われているフィルターは3枚程度だそうですが、なんと1枚約1万円もする高価なマスクには、10枚のフィルターが使われているものもあるそうですよ。


加熱していい油と、だめな油

油には、加熱しても油に含まれる成分に変化がない油と、約100℃を超えると成分が変化し、老化の原因物質と言われる「過酸化脂質」が作られる油がある。
加熱しても良い油は、キャノーラ油、米油、ココナッツオイル、オリーブオイル
加熱してはいけない油は、えごま油、亜麻仁油、サラダ油、ごま油、グレープシードオイル



いかがでしたか?
個人的にとても気になるのは、納豆を使用したトルコアイスです。
納豆の癖は大丈夫なのでしょうか…?

あと、加熱してはいけない油に、ごま油やサラダ油が含まれていたことに驚きました。
普段から加熱して使いがちなものなので、これからは少し気をつけていきたいです。