予備軍も含めて、高齢者の4人に1人が認知症だと言われる昨今。

もし、認知症を予防できるなら方法を知りたいですよね。

「ためしてガッテン」で取り上げられた認知症予防の方法をまとめてみました。

脳のゴミ

私達は、呼吸をする、物を見る、普段からいろんな行動を無意識のうちに行っています。

しかし、無意識でやっていることでもすべて脳の中でいろんな指令が出されています。

そんな脳の活動によって、アミロイドβと言う老廃物が生まれます。

通称「脳のゴミ」と呼ばれるこの物質が蓄積することにより、アルツハイマー病発症の引き金となります。

本来「脳のゴミ」は排出されるのですが、排出力の低下によりどんどん溜まっていくのです。

「脳のゴミ」が溜まり始めるのは発症の25年前からと言う研究結果もあります。

なので、40代から認知症予防を始めないといけません

私はまだ40代ではありませんが、10年も無いのでしっかり認知症の予防方法をチェックしたいと思います。

脳のゴミを掃除する方法

目に見えているゴミなら箒で掃く、掃除機で吸うなどで片付きますよね。

では、脳の中のゴミはどうしたらいいのでしょうか?

答えは、「洗い流す」。

と言っても、ホントに水で洗い流す訳ではありませんよ?

日常生活で当たり前にしている、睡眠。

それが、脳のお掃除に必要なのです。

寝ることで、アミロイドβを脳から洗い流す能力が高まるのです。

つまり、何もしなくても寝るだけで勝手に洗い流してくれるって事です。

実際のお掃除は、時間をかけて丁寧にやるとピカピカになってくれますよね。

脳のお掃除も同じで、しっかりと睡眠時間を確保しなくてはなりません。

6~8時間ぐらい、睡眠時間が取れるといいでしょう。

私は睡眠時間をきちんと取れていますが、睡眠不足で悩んでいる人は要注意です。

脳の神経細胞を活性化

認知症予防として、脳の神経細胞の活性化も効果があります。

脳の神経細胞を活性化する方法は3つ。

有酸素運動

1つめは、有酸素運動。

運動をすれば疲れるのでよく眠れるというのもありますが、他にもあります。

有酸素運動により、神経細胞を活性化するホルモンが分泌されることやアミロイドβを分解する酵素が増えることが期待できるのです。

コミュニケーション

2つめは、コミュニケーション。

これは、よく聞きますよね。

家に一人でいるよりも、いろんな人と会話をすることで脳を活性化出来ます。

お孫さんがいるなら、お孫さんとの会話でもいいでしょう。

知的活動

3つめは、知的活動。

頭を使いながら、指先を動かすことです。

囲碁や将棋などでもいいですし、パズル雑誌もいいかもしれませんね。

日常生活の中で普通に出来ている事ばかりですが、高齢者になるとなかなか出来なくなります。

病気で思うように体が動かなくなったり、外に出るのが億劫になったり。

実際、私の祖母がそうでした。

私の祖母は小さな畑でしたが、そこで農作業していて実年齢よりも若々しい人だったんですが、病気になり寝たきりになった途端認知症になりました。

食事でも予防できる

2015年、アメリカのラッシュ大学医療センターで発表されたアルツハイマー病を予防するマインド食。

積極的に取った方がいい食材と控えた方がいい食材に分け、目安となる頻度も紹介されています。

まずは、積極的に取った方がいい食材です。

  • 緑黄色野菜(週6日)
  • その他の野菜(1日1回以上)
  • ナッツ類(週5回以上)
  • ベリー類(週2回以上)
  • 豆類(週3回以上)
  • 全粒穀物(一日に3回以上)
  • 魚(なるべく多く)
  • 鶏肉(週2回以上)
  • オリーブオイル(優先して使う)
  • ワイン(1日グラス1杯まで)

次は控えた方がいい食材です。

  • 赤みの肉(週4回以下)
  • バター(なるべく少なく)
  • チーズ(週1回以下)
  • お菓子(週5回以下)
  • ファストフード(週1回以下)

しかし、これはアメリカ版で日本人にはどれだけの効果があるのか分からないみたいです。

生まれ育った環境が違うから当たり前なんですけどね。

日本人に向けた食事法は、現在研究中との事なので続報が待たれますね。

私は、ここに書いてある積極的に取った方がいい食材はほとんど取っていないような気がします。

日本人は減塩

食事法はまだ分かりませんが、日本人の食生活は塩分の摂取量が多いので減塩した方がいいと考えられています。

アミロイドβを排出したり、神経細胞に栄養を届けたりする脳の血管。

塩分の摂り過ぎはそんな脳の血管を傷つける恐れがあるのです。

塩分の摂り過ぎは、脳こうそくも引き起こしますもんね。

主人が辛いものが大好きで塩分を摂りすぎるから、よく注意しています。

だけど、なかなか直らないんですよね。

みなさんも、要注意ですよ。

まとめ

認知症予防に特別な事は必要ありません。

適度な睡眠、適度な運動、そして他人との関わりを持つ事が大事なのです。

そして、塩分の摂りすぎにも注意です。

認知症予防は40代からとなっていますが、今からはじめてもいいのではないでしょうか。