1月27日放送のためしてガッテンで「足の疲れ&むくみ撃退」が紹介されました。

この時期は、寒さから、外出もついつい減りがち。

足の疲れ むくみ

筋肉は硬くなり、血液の流れも悪くなってしまい、冷えやむくみの原因に。
一日中立ち仕事をされている方は、年中足がパンパンにむくむなんてことも…

さて、番組でオススメされていたのは
履くだけで効果のある「弾性ストッキング」です。
着圧ストッキング、着圧ソックスという商品名のものもありますね。

履くだけでむくみが解消できるなんて、嬉しいですよね!
せっかくのおしゃれも、足がむくんでいたら台無しですから。

ではまずむくみについて見ていきましょう。

足のむくみとは?

足の静脈の血行不良が一番の原因です。
足の静脈は血液を上半身へ送り返す「逆流防止弁」が付いているのですが、
「立ちっぱなし」「座りっぱなし」等、動かない時間が長いと血行が悪くなります。
すると、足の静脈が広がってしまい、血管中の弁が閉じなくなり血液が逆流。
むくみにつながります。

むくみは、痛みを伴わないのが特徴です。
しかし放っておくと、下肢静脈瘤という病気になる恐れが!
どんな病気でしょうか?文字を見るだけでも怖そうな病気ですね…。

下肢静脈瘤とは?

ふくらはぎやすねの血管が、ポコポコとが膨れたり、浮き出てはいませんか?
これが、足にある静脈に血が溜まり血管が膨らむ「下肢静脈瘤」という病気です。

この病気は悪性のものではありませんが、自然には治りません。
放置して、重い症状に発展するケースも多いそうです。
(軽度の下肢静脈瘤であれば、薬局やドラッグストアで医薬品を売っているそうですが、気になることがあれば病院へ!)

たかが足のむくみ、こんな怖い病気が潜んでいるなんて驚きです。
ひどくなる前に、適切な対処をしたいですね。

そこで、前述した「弾性ストッキング」の出番です!

弾性ストッキングの効果

静脈の弁を守る唯一の方法と言われ、足の疲れやむくみ防止に役立ちます。

ストッキングは、医療用の弾性ストッキングが理想だそうです。
しかし、ドラッグストアなどで販売されている着圧ソックスや、スポーツ用品のタイツでも似た効果を得られるものがあります。

・血行促進
・段階的着圧
・段階着圧設計

と表記されている、圧力が高めのものを選びましょう。

手軽にドラッグストアで買えるのは嬉しいですね。

さて、この弾性ストッキング、履くのが結構大変です。
私も持っていますが、ちゃんと履けるまで数分はかかってしまいます。
しかし履いていると、圧力が結構心地よく、見た目もすっきり見えます。

見た目もすっきり、しかも履くだけで静脈の弁を守ってくれる弾性ストッキング。
ぜひ、取り入れてみてくださいね。