ソレダメ

2017年11月8日放送のテレビ東京系『『ソレダメ!老けない身体SP~世界が注目!こんにゃくで腸活&爪の新常識~』。

こちらの番組で、老けない身体作りに良い食べ物と爪のケアについての「新常識」が紹介されました。

【ソレダメ】老けない身体をつくる食べ物

ソレダメ

老けない身体を保つには、食べ物から。

では、老けない人は、いったい何を食べているのでしょうか。

そこで、「ソレダメ!」で紹介された、老けない身体をつくる食べ物の新常識をご紹介します。

ソレダメ!な意外な食べ物

お肌のためのコラーゲン

コラーゲンは、消化の過程でアミノ酸に分解されてしまうので、コラーゲンそのものを摂取しても、美肌には繋がらないのだそうです。

薄毛予防のための鶏レバー

鶏レバーの焼き鳥1本でビタミンAの摂取量の上限を超えてしまうことがあります。

30歳から39歳の、ビタミンAの1日の摂取推奨量は900μgですが、鶏レバーの焼き鳥は1本当たり4,200μgです。

ビタミンAは、過剰に摂ると脱毛のリスクがあるので、毎日食べ続けるのはNGです。

適量を食べるようにしましょう。

美容のためのナッツやドライフルーツ

栄養価が高いので、カロリーも高く、適量は2~3粒とごく少量です。

食べすぎにはくれぐれもご注意を。

若い肌を保つため、いつも同じものを食べる

肌は季節によって変わります。

冬はビタミンEが豊富な食品を意識して摂取しましょう。

ビタミンEが豊富な食品には、牡蠣、かぼちゃ、ブロッコリーなどがあります。

ソレマル!な食べ物&食べ方

甘いものを摂るなら食後

血糖値の急上昇を抑えられるので、甘いものを摂るなら食後がベター。

お腹が空いた時に甘いものを食べると、血糖値が急に上昇してしまうので、あまりよくありません。

美肌のためにはキウイ

美肌ビタミンとも言われる、ビタミンA、C、Eが豊富なキウイは、美肌のためにおススメのフルーツです。

【ソレダメ】爪切りの新常識 いつがベスト?切り方は?

老けない身体

爪が割れたり、二枚爪になったり、爪のケアをしているつもりでも、意外と爪のトラブルって多いですよね。

これらのトラブルの原因は、主に、乾燥や水分不足です。

乾燥する冬は、爪がダメージを受けやすい季節なんですね。

そこで、「ソレダメ!」で紹介された、爪ケアの新常識についてご紹介します。

【ソレダメ】爪切りのベストタイミングは?

爪は、普段とても硬く、乾燥しています。

そこで、水分を吸収して一時的に爪が柔らかくなる入浴後に爪切りをするのが、ベストです。

【ソレダメ】爪を切る形は?

つい、両脇を切って丸くしてしまいがちですが、両脇を短くせずに長方形にします。

手足の骨は指の先まで届いていないので、爪が骨のない部分を支えています。

爪を四角に切ることで、支える面積が大きくなり、下からの力を受け止めやすくなります。

また、両脇を短く丸く切ってしまうと、爪が食い込み巻き爪になってしまうことも。

【ソレダメ】爪切りの形はどれがおススメ?

爪切りには、山型と直線型の二種類があります。

山型の爪切りは、一度に爪を切れる点はよいのですが、長さや形の調節がしにくく、深爪になってしまうリスクがあります。

深爪になりがちな方には、直線型が適しています。

【ソレダメ】爪に良いサラダにおススメの食材は?

ダイエットのために、とサラダばかり食べていませんか?

すると、爪がでこぼこになったり、もろくなったりします。

これは、タンパク質不足が原因なので、タンパク質を多く含む食材を食べるのがおススメ。

サラダの食材で言えば、ブロッコリーが良いでしょう。

大豆などの豆類、きのこ類もおススメです。

まとめ

2017年11月8日放送のテレビ東京系『『ソレダメ!』で紹介された、老けない身体をつくる食べ物と爪のケア方法についてまとめました。

常識だと思っていたことが、非常識だったって、目から鱗ですよね。

正しい知識で、老けない身体ときれいな爪を手に入れましょう。