白い髪の毛

皆さんはムダ毛処理をきちんとしていますか?今まで夏だけだったアンダーヘアのケアも1年を通してしっかり処理のする女性が増えてきているようです。最近は脱毛している女子力男子や意識高い系男子が増えていることもその背景にあるようですが、そう言った男性でなくてもパートナーのアンダーヘアを気にしている男性は少なくないのです。
そこで今回はご自分でムダ毛処理の方法や道具などをご紹介していきます。

ムダ毛処理におススメの道具

はさみ

ご自分でムダ毛処理に使用するのにはさみを使用している人は多いと思いますが、はさみだけだと中々難しくないですか?今回おススメの道具を試してみてください。今までの苦労が嘘のように簡単にケアできますよ。

アンダーヘアのケアにおススメはさみ

アンダーヘアのケアにおススメなのはズバリ“すきばさみ”と“すきカッター”です。ご家庭にすきばさみはありますか?最近では100円ショップやドラッグストアで簡単に入手できるようになったので普及していますよね。
すきばさみを使用すればアンダーヘアの処理もお手軽に出来るようになりますし器用な人なら形もきれいに整えられます。
すきばさみでキレイに処理できる自信が無い方には“すきカッター”もおススメです。すきカッターなら梳かすだけでアンダーヘアの処理が行えるので不器用さんにはもってこいです。
すきばさみやすきカッターを使用して量が減ったらはさみを使い、形を整えればキレイに処理できますので是非バスタイムにでも挑戦してみてください。ただ、使用した刃物は錆びないようにきちんと拭いて乾かしてあげましょう。

ムダ毛処理のトリートメントやワックス

毛髪や体毛は“ケラチン”という18種アミノ酸のたんぱく質でできています。脱毛用にたんぱく質分解酵素が入っているトリートメントがドラッグストアで売られているのでそちらを使用してみましょう。
トリートメントを使用してアンダーヘアを柔らかくしましょう。
脱毛用リムーバーを使ってムダ毛処理もキレイにしてみましょう。
ブラジリアンワックスなどでもお手入れをしている人はいます。

おススメのヒートカッター

はさみで自己処理している人は毛先がチクチクしてしまって下着や水着を貫通してしまう可能性が気になる人は、“ヒートカッター”を使ってみましょう。
ヒートカッターはすきばさみやすきカッター、トリートメントに比べると少々お値段が張るのですが、長い目で見るとキレイに仕上げも出来ますしお得に感じます。

アンダーヘアの型紙

紙

本来アンダーヘアにも基本スタイルがあります。
そんな時に活躍してくれるのが型紙です。
ノーマルの逆三角形の物からハート型までさまざまな型紙があるので準備しておきましょう。形を気にせずただ短くするのは髪のカットで何も考えずにとりあえず短くカットするということと変わりません。ちゃんと処理するなら形もキレイにしましょう。

はさみを使ってアンダーヘアケアの方法

髪の毛女性

はさみで一度にたくさんの毛を切ると大体不自然なぶつ切りアンダーヘアになるので少しずつカットしていきましょう。
やり方として、Vラインが全体のスタイルを決めるのでVラインからカットしていきます。
IラインOラインはVラインが決まったらそれに沿ってカットしていけばいいのです。
長さは2cmくらいが目安でサイドは短く、中央部が若干長くなるようにします。
VラインがキレイになったらIラインを処理します。Iラインは本来必要ない毛なのでしっかり処理したい部分です。
下着を突き抜けてしまうことを防ぐためにもヒートカッターを使いましょう。
ヒートカッターの準備が難しい人はトリートメントを使ってみましょう。
アンダーヘアケアはパートナーの目だけでなくムレやかゆみ対策にもなるのできちんとしておきたいですね。

はさみの形

髪の毛カット用の刃先が細いはさみが使いやすく理想です。刃先が細い物は先もとがっていて切れやすかったりもするのですべり止めが付いている物やすべり止めを付けることをおススメします。カットする時のポイントとしては毛に対して垂直になるように入れるようにします。

まとめ

なびく髪

今回はご自分でムダ毛処理する方法や道具などをご紹介していきました。
アンダーヘアのケア方法も様々ですし、使用するはさみ等の道具もとても大切になっていきます。はさみでカットする場合はデリケートゾーンのケアということを念頭に入れて使用前後はしっかり消毒する事も心掛けましょう。
今回ご紹介した方法でキレイにケアして女子力高く自信を持っていきましょう。