ふと気付くとお腹のたるみが気になる…そんな経験はありませんか?

これから夏に向けて肌の露出が増えてくる時期。

特に女性のみなさんはスキンケアに力を入れて、キレイな身体で夏を迎えて満喫したいですよね。

当然そのスタイルも気になるところ。

だけど運動は苦手、毎日続ける時間もなければジムに通うのも大変だし…、という人は多いのではないでしょうか。

 

そんな人にオススメしたいのが、2017年4月1日に「世界一受けたい授業」で放送された「5秒腹筋」です。

5秒腹筋とは?

5秒腹筋とは、その名の通り5秒間腹筋に力を込めるトレーニングです。

ここで注意することはたった5秒で効果が出るわけではありません。

筋肉に5秒間負荷をかける運動を1日に何セットか行うことを「5秒腹筋」としています。

通常の腹筋や腕立て伏せなどは、スピーディーに回数を重ねますが、その運動だと筋肉の収縮は一瞬です。

この5秒腹筋は5秒間筋肉を収縮状態にするトレーニング方法です。

そんな手軽にできる5秒腹筋、本当に効果があるの?と疑問に思う人もいるのではないでしょうか。

5秒腹筋は本当に効果があるの?

ダイエットには様々なサプリが販売されていたり、食生活を改善したり毎日運動をしたりと時間や手間がかかるイメージがありますよね。

しかし、この5秒腹筋は特別な器具を必要とせず、自宅で手軽に取り入れることができます。

5秒腹筋はアイソメトリックトレーニング(等尺性収縮運動)という方法で、スポーツトレーナーからも認められているトレーニング方法なのです。

手軽な方法ながら部分的なトレーニングに効果がある方法で、通常の腹筋に比べその効果は高いとも言われています。

5秒腹筋の方法は?

では、気になるその5秒腹筋の方法をご紹介します。

5秒腹筋とは先ほども書いた通り部分的なトレーニングで、鍛えたい筋肉や部位によっても方法が様々です。

今から紹介するのは、ぽっこりお腹が気になる人向け、腹横筋を鍛える方法です。

  1. うつぶせの姿勢になり、両肘を床につける。
  2. 右手で丸を作り、左手を添える。そこを土台とし、頭を乗せる。
  3. 手・肘・つま先を支えにしながらゆっくりと腰をあげ、全身でアーチを作る。
  4. この姿勢でお腹に力を入れたまま5秒間キープ
  5. 床に身体が触れるか触れないかの位置まで下がり、もう一度腰を上げる。

これを10回3セット毎日行うことで、腹横筋を鍛えることができます。

トレーニングは崖と崖の間にかけられたアーチをイメージして行うと効果的です。

上記方法が難しい場合は、膝をついて行うところから始めても良いようです。

5秒腹筋をして綺麗な身体を手に入れよう!

「世界一受けたい授業」ではこれ以外にも、全4種の5秒腹筋が紹介されました。

普段全く運動をしていない人は、一度に全部を始めるのではなく、少しずつ種類を増やしていくことをオススメします。

筋肉をつけることで基礎代謝が上がり、体内の脂肪が燃えやすくなります。

しっかりと身体を引き締めることで、健康的で綺麗な身体を目指しましょう!