先日日本テレビで放送された「得する人損する人」で紹介されていたまいたけ茶ダイエット、ご覧になりましたか?

「まいたけ茶」ってあまり馴染みがありませんよね。

調べてみるとまいたけには色んな効果があるようですよ。

また、まいたけにはダイエット効果だけでなく血糖値に働きかける成分も含まれているようです。

今回はそんな気になるまいたけ茶の効果や作り方などについてわかりやすく説明していきたいと思います。

まいたけ茶のダイエット効果

まずまいたけ茶は何故ダイエットに良いのかという点ですが、これはまいたけに含まれる成分「MX―フラクション」が大きく関係しています。

例えば糖質の高いものを食べた時ですが、その時私達の体の中では急激に血糖値が上昇する「血糖値スパイク」というものが起こります。

そこにまいたけ茶です。

まいたけに含まれる「MX―フラクション」には、血糖値を下げる役割をもついわゆる「インスリン」の働きを良くしてくれる効果が期待されています。

また、まいたけはきのこなので食物繊維も豊富です。

この食物繊維も実は血糖値と関係があります。

食物繊維は1日に適量20gを目安に摂ると良いと言われています。

しかしあるデータでは、1日に食物繊維を26g以上摂っている人の中で約2割の人が糖尿病の発症リスクが下がっているそうです。

まいたけは「食物繊維」と「MX―フラクション」のどちらも含んでいる唯一の食材と言われています。

そのほか、まいたけには脂肪分解効果も期待できるそうです。

ただしまいたけの効果はそのまま食べるだけでは効果が薄いので、より効果を高めるには「煮出して飲む」ことが重要です。

ダイエットに関しては「いつもの食事にまいたけ茶を飲む」だけで良いので興味をそそられる話ですよね。

ただ私もそうですが、まいたけ茶って飲みにくいんじゃないの?と思うかもしれませんね。

そんな方には「そのまま飲む」だけでなく他のアレンジレシピがおすすめだと思います。

番組で紹介されていたアレンジレシピは後ほどご説明したいと思います。

向山志保まいたけ茶ダイエット3週間の結果

今回番組では向山志保さんがまいたけ茶ダイエットに挑戦していました。

3週間続けた結果がこちらです。

・体重 ー3.2kg

・ウエストサイズ ー8.5cm

いつもの食事にプラスしてただお茶を飲んで痩せられるなら是非とも挑戦しようと思いますよね。

それでは次はいよいよまいたけ茶の作り方を見ていきましょう。

まいたけ茶の作り方

材料はたった2つです。

まいたけ 1パック
お湯 600ml

1.お湯を沸かしまいたけを加えます

2.あとは蓋をして30分煮出しましょう。
お好みでレモン汁を少々加えて下さいね。

まいたけ茶はホットよりも冷やした方が飲みやすいのでおすすめですよ。

まいたけ茶の飲み方

基本的には朝・昼・夜と1日3回が目安です。

いつもの「食事の前」に飲むようにしましょうね。

また、リラックスタイムなどにもこまめに飲みましょう。

◎まいたけ茶にかんきつ系などのフルーツティーバッグを入れてハーブティーにも出来るそうなので、ちょっと休憩したい時に良さそうですね。

アレンジレシピ

まいたけ茶をそのままではどうしても飽きるし、飲みにくいという方にはアレンジレシピが紹介されていたのでこちらを見ていきましょう。

・まいたけコーヒー

こちらは「挽いてないコーヒー豆」を用意して下さいね。

ボトルにまいたけ茶を入れ、コーヒー豆をそのまま加えて冷蔵庫で1日冷やすと完成です。

コーヒーに含まれる「クロロゲン酸」などの苦味成分で味がすっきりして飲みやすくなるそうですよ。

これなら持ち運びにも便利ですよね。

ちなみにボトルですが、私的には百均で売っているボトルが良いのではないかと思います。

可愛いデザインはもちろんですが、物によってはフタの中にも内フタが付いているものがあります。

コーヒー豆をそのまま入れるので、内フタがあればそのまま飲めそうですよね。

・ラーメンスープ

まいたけの「MX―フラクション」は再度加熱しても壊れにくいそうです。

用意するものは簡単。

まいたけ茶とダシしょうゆだけです。

器にダシしょうゆを入れ、まいたけ茶を加えるだけです。

また、具材には煮出したあとのまいたけを加えても良いようですね。

オリーブオイルでカリッと炒めて具材にすれば栄養を余すことなく摂れるのでより効果が期待できそうです。

ラーメンなら自分で好きなものを足してアレンジ出来るので楽しいですよね。

まとめ

さて、今回は「まいたけ茶」についてご覧頂きましたがいかがだったでしょうか?

最後にもう一度、まいたけに期待できる成分をおさらいしておきます。

・「MX―フラクション」によるダイエット効果(インスリンの働きを良くする)

・食物繊維(糖尿病の予防などに)

・脂肪分解効果(そのままでは効果がうすいので煮出すのが肝心!)

これらを含んだまいたけを美味しく飲んで食べて、あなたも健康を目指してみませんか?