ウル得マン 黄金比

『あのニュースで得する人損する人』で人気のウル得マン。
本業は芸人さんで、お笑いコンビ「犬の心」のいけや賢二さんです。

19歳から大手居酒屋で腕を振るっていただけあって、様々なレシピを紹介してくれています。
その中から、特に人気で使いやすい黄金比のレシピをご紹介していきます。

ウル得マン特製、黄金比タレ

ウル得マン 黄金比

この黄金比さえ覚えておけば、色々な料理に使えて便利です。

甘露煮、蒲焼、南蛮タレなど、ちょっと難しそうな料理でも、失敗なく作ることが出来ますよ。

和風タレ レシピ

・しょうゆ 200ml
・みりん 200ml
・砂糖 100g
※砂糖は大さじ1杯が12gなので、およそ大さじ4杯です。

1、しょうゆ、みりん、砂糖を鍋に入れて煮立たせます。
2、煮立ったら完成。保存する場合には冷まして冷蔵庫へ。
※保存期間は出ていませんでしたが、早めに使いましょう。

「しょうゆ2:みりん2:砂糖1」が黄金比!これさえ覚えて分量を調節すれば大丈夫です。

このタレを使った料理をご紹介します。
簡単なものを選んだので、是非作ってみてくださいね!

ウル得マン 牛丼レシピ

ウル得マン 黄金比

<材料(1人分)>
・牛細切り肉 150g
・タマネギ 1/4個

(和風タレ)
・しょうゆ 大さじ1と1/2
・みりん 大さじ1と1/2
・砂糖 大さじ2/3
・カツオだし 小さじ1
・しょうが 小さじ1
・サラダ油 大さじ1/2

<作り方>
1、フライパンにサラダ油を入れて熱し、牛細切り肉と玉ネギを炒めます。
2、炒めたところに和風タレ、しょうが、カツオだしを入れて煮ます。
3、どんぶりにご飯をよそったら、上に乗せて完成!

私個人の意見ですが、牛肉は細切り以外でもお好みで良いと思います。細切り肉なら安上がりですし、ちょっと奮発してすき焼き用にすると当然更に美味しくなります。豚肉丼もさっぱりして好きです♪

さんまの蒲焼き レシピ

ウル得マン 黄金比

<材料(1人分)>
・さんま 1尾
・和風ダレ 50ml
・サラダ油 大さじ1

<作り方>
1、さんまを3枚におろし、2等分に切ったものを使います。
2、さんまに小麦粉をつけ、フライパンに油を引いて焼きます。
※海の魚は背から焼くと良いそうです。
3、和風タレをフライパンに入れて、さんまと絡めたら完成。

これだけで十分美味しいのですが、ウル得マンはこれをひつまぶし風にしていました。

ウル得マン 黄金比

・かつおだし 小さじ1/2
・水 200ml
・塩 ひとつまみ

この3つを混ぜ合わせて、電子レンジ600Wで2分間加熱しておきます。これがひつまぶしにかけるお出汁しになります。

ご飯にさんまの蒲焼を乗せ、お好みで大葉の細切りと白ごまを乗せたら、お出汁をかけて召し上がれ♪

応用がきくタレだから使いやすい

ウル得マン 黄金比

ウル得マンの和風タレをベースとして、様々な料理の味付けが簡単に!失敗せずに作れるのでオススメです。

南蛮酢

1人分
・和風タレ 大さじ2
・酢 大さじ1
・鷹の爪 1本

和風タレにお酢と鷹の爪を入れて混ぜるだけで南蛮酢の出来上がり!

鶏肉に片栗粉をつけて揚げたら、このタレにつけて味を染み込ませ、タルタルソースを添えればチキン南蛮が簡単に出来ちゃいます。

お好みの魚を同じように揚げれば南蛮漬けが出来ますね。

甘露煮

さんまやイワシの甘露煮って美味しいけど、なんだか難しそう・・ そんなことありません!ウル得マンのタレを使えば簡単ですよ。

1人分
・和風タレ 100ml
・酒 大さじ1
・水 大さじ3

この3つを煮立たせたら、その中に魚を入れて煮汁が1/3くらいになるまで中火で煮るだけです。

プルコギの漬け込みタレ

1人分
・和風タレ 大さじ2
・100%リンゴジュース 大さじ3
・豆板醤 大さじ1/2
・白ごま 適量

味付けがよく分からないプルコギですが、このタレにお任せください!

牛肉や玉ねぎなどの材料と一緒にポリ袋に入れて揉みこみます。リンゴの酸がお肉を柔らかくしますので、安い牛肉でも大丈夫!このタレと合わせると、とっても美味しいプルコギが出来ますよ!

まとめ

ウル得マン 黄金比

まさに黄金比と言えるこのタレのレシピは、覚えやくて役に立ちますよ!

和食のほとんどは、しょうゆ・みりん・砂糖が基本ですから、慣れてくればアレンジも出来て料理の幅が広がります。

お酒を加えれば風味がアップしますし、私はお肉を使った煮込み料理に、気分でお酢をプラスしています。酸味は飛びますし、照りが出てさっぱり仕上がりますよ。

まずはこの和風タレを使って、色々な料理にチャレンジしてみませんか?