家事えもん 掃除 洗濯機

様々なお役立ち情報を紹介してくれる『あのニュースで得する人、損する人』のコーナー。今回は、家事えもんが教える洗濯機の掃除方法をまとめました。湿度が高くなる洗濯機の中ではカビがすぐに増えてしまいますので、ここできっちり掃除の仕方をマスターしましょう。

家事えもんの秘密道具「過酸化ナトリウム」

家事えもん 掃除 洗濯機

過炭酸ナトリウムはお掃除にとっても適しています。汚れ落ちは抜群で、塩素系のものと比べると環境にも優しいので安心です。

過炭酸ナトリウムを使った洗濯層の掃除方法

1、洗濯機に8割ほど水を貯め、過酸化ナトリウムを適量入れます。
ぬるま湯だとより効果があるので、お風呂の残り湯を使うと良いですよ。

2、通常の洗濯の様に洗濯機を回して、全体に過酸化ナトリウムが行き届くようにしたら、5~8時間そのままの状態で置いておきます。

3、時間が経ったらふたを開け、カビや洗剤カスなどのゴミが浮いていたらすくい取ります。
その後、ゴミが浮いてこなくなるまで「脱水→水を貯めて回す→ゴミをすくい取る」を繰り返します。

ゴミをそのまま流すとつまりの原因になる可能性がありますので、面倒でもすくい取ってから排水しましょう。

過炭酸ナトリウムの特徴

家事えもん 掃除 洗濯機

過酸化ナトリウムとは、炭酸ナトリウム(炭酸ソーダ)と過酸化水素が 2:3 の割合でできたものです。酸素系漂白剤として売られている製品の主成分になるものですね。

酸化力があるので、漂白剤や除菌剤、消臭剤としてもよく使われています。「白さ」を強調する合成洗剤に配合されていることもあります。

その他、パイプクリーナーや洗濯槽クリーナーなどにも使われていて、その効果は高く評価されています。

塩素系の洗浄剤はちょっと危険な感じがしますし、小さいお子さんがいたりお肌が弱いなどの理由から使いたくない方も多いと思います。

過酸化ナトリウムは、大量に入ってわりと低価格で売られています。買っておけば、洗濯層以外にもレンジ周りの掃除や布きんの消毒など、色んなことに使えます。

確認は必要ですが、おそらく重層(アルカリ性)と合わせて使うことができ、相乗効果で洗濯物もよりキレイにすることが出来ます。

家事えもん手作り、ゴミをすくい取るための道具

家事えもん 掃除 洗濯機

どこの家庭にもありそうな針金ハンガーを使います。

針金ハンガーを広げて、キッチンで使う水切りネットをかけるだけでOKです。汚れたネット部分を取り替えれば繰り返し使えますので、わざわざ買う必要がありません。

無かったとしても、どちらも100円ショップで購入できますので200円で済みます。

まとめ

家事えもん 掃除 洗濯機

私の経験上、ゴミはすくい取った方が早くキレイになります。すくい取らないと、何回繰り返しても何かしら浮いてきます。

排水後は、洗濯機についているごみ取りネットもその都度キレイにしましょう。あそこにびっしり汚れが溜まります。

1ヶ月~2ヶ月に1度のペースで洗濯層をキレイにすれば、ほとんどゴミが浮いてくることもなくなり、すくい取るのも楽になりますよ。汚れがひどくなる前に、事前に防ぐことが大切ですね。