得する人損する人 大根

1月放送の『あのニュースで得する人損する人』では、ウル得マンによるスピードレシピが紹介されました。短時間なのにしっかり味の染みた大根は、見た目にも食欲をそそります。参考になるレシピをまとめましたので、是非試してみてください。

欠かせない黄金比のタレ

ウル得マンのレシピをご紹介するには、ウル得マンの和風タレを先に説明する必要があります。

ウル得マンが作る和食には欠かせないタレなのですが、煮物や照り焼きなどに使えて便利なので、是非覚えておいてください。

和風タレ レシピ

・しょうゆ 200ml
・みりん 200ml
・砂糖 100g
※砂糖は大さじ1杯が12gなので、およそ大さじ4杯です。

1、しょうゆ、みりん、砂糖を鍋に入れて煮立たせます。
2、煮立ったら完成。保存する場合には冷まして冷蔵庫へ。
※保存期間は出ていませんでしたが、早めに使いましょう。

「しょうゆ2:みりん2:砂糖1」が黄金比!これさえ覚えて分量を調節すれば大丈夫です。

ぶり大根

得する人損する人 大根

煮物の中でも特に難しく感じるブリ大根も、ウル得マンのレシピなら簡単に出来ちゃいます!

<材料(1人分)>

・和風だし 小さじ1
・米 小さじ1
・大根 5㎝
・絹さや 適量
・サラダ油 大さじ1/2
・ぶり 2切れ
・ウル得タレ 60ml(大さじ4)
・しょうが 3切れ

<作り方>
1、大根の皮を桂剥きにして、皮はとっておきます。
※桂剥き:リンゴの皮を剥くように、1周ぐるっと剥きます。
大根は少し厚めの半月切りにしましょう。
金ざるに入れて、もう1個のざるかボールを上にかぶせてガシガシ振ります。(15秒程度でOK)
※金ざるの目で大根の角が取れるので、包丁を使わなくても簡単に面取りができます。

2、ボウルに大根がかぶるくらいの水と和風だしを入れます。
そこにお米を入れて、半月切りの大根を入れます。
※お米のでんぷん質には、大根に早く味を染み込ませる効果があります。

3、2のボウルにラップをして500Wの電子レンジで7分加熱、その後に絹さやを入れて2分余熱で加熱します。
※電子レンジを使うことで時短になり、煮崩れ防止にもなります。

4、ぶりは3~4等分に切り、フライパンにサラダ油を熱したらぶりを入れて両面焼きつけ、ウル得タレを加えます。
5、しょうが、大根も加えて煮えたら完成です。

大根を皮ごと使ったきんぴら

得する人損する人 大根

大根を無駄なく使えます。

<材料(1人分)>
・大根 1㎝幅の輪切り
・大根の皮 10㎝分程度
・赤唐辛子 1/2本
・サラダ油 大さじ1
・ウル得タレ 大さじ2
・胡麻油 大さじ1/2
・白ごま 適量

<作り方>
1、大根の皮を桂剥きにします。
皮は短冊切りに、実の方は1㎝幅の輪切りにした後短冊切りにします。
2、フライパンにサラダ油を熱し、1の大根を入れて炒め、赤唐辛子を加えます。
そこにウル得タレを加えて絡めます。
3、ごま油を回しかけ、器に盛り付けてごまをかければ完成です。

大根のピクルス

得する人損する人 大根

<材料(1人分)>
・大根 1/4本分
・大根の葉 5㎝分程度
・塩 小さじ1/2
・砂糖 大さじ1
・酢 大さじ3
・水 大さじ2

<作り方>
1、大根を千切りにして、塩をまぶして手で揉みこんでおきます。
2、大根の葉は細かく刻み、1の大根と一緒に保存袋に入れます。
3、砂糖、酢、水を加えて全体に揉みこみ、しばらく置いておきましょう。
4、味が馴染めば器に盛り付けて完成です。

まとめ

得する人損する人 大根

いかがでしたか?特別な材料は使わずに、無駄なく作れるのが良いですね!庶民的なものじゃないと、美味しそうでも参考になりませんものね・・

大根のピクルスは、ポリポリつまめてもう1品欲しい時に便利ですよ。保存容器に入れておけばかなり日持ちするので、私はちょこちょこ小出しにして食べています。パプリカを入れると彩が良いです♪

簡単なので、皆さんも作ってみませんか?