パスタ

得する人損する人では様々な得ワザが紹介されています。
毎回見るのが楽しいですよね。

その中で気になる人も多いのがカルボナーラの作り方ではないでしょうか。
今まで紹介された小林シェフ、サイゲン大介、みきママのカルボナーラレシピをご紹介します。

小林幸司シェフが作る本格的なカルボナーラ

パスタ

2018年1月11日の得する人損する人では、イタリアンの小林幸司シェフが作るカルボナーラが紹介されました。
生クリームや牛乳は使わないのが印象的でしたね。プロのコツを抑えて作ることでだれでも簡単に本格的なカルボナーラを作ることができます!

材料(1人分)

・2㎜幅のパスタ    …90g 
・卵Sサイズ      …1個
・粉チーズ       …30g
・塩          …お湯1Lに対し小さじ4
・粗挽き黒こしょう   …適量
・ベーコン       …15g
・にんにく(みじん切り)…5g
・オリーブオイル    …大さじ1+大さじ1

作り方

①鍋にお湯を沸かし、塩味をつける。
パスタは芯がなくなるまでしっかりゆでる

②フライパンにオリーブオイル大さじ1、5㎜に切ったベーコン、にんにくを入れて炒める。

③ボウルに卵を入れ、粉チーズを入れる。
タマゴが、後から入れるベーコンと当たらないように粉チーズで壁を作るように入れます。
②のベーコン、にんにくを卵に当たらないように入れます。

④ゆであがったパスタをざるにあげ、③のボウルに入れ、そのままさわらずに10秒ほど置きます。
ゴムベラで麺に絡むように全体を混ぜ合わせます。

⑤器に盛り付け、オリーブオイル、大さじ1、粗びきこしょうをかけたら完成です。


生クリームや牛乳を入れなくても、とてもコクのあるおいしいソースに仕上がります。こんなにシンプルな材料でコツさえつかめば本格的なカルボナーラが作れるのは嬉しいですね。

サイゲン大介が再現する、高級店のカルボナーラ

パスタ

2016年9月22日には、サイゲン大介がカルボナーラのレシピを紹介してくれました。サイゲン大介といえば、そんな料理も一度食べたらその味を再現できるという、”神の舌”をもつすごい方です。紹介してくれたレシピは高級店の絶品カルボナーラを自宅で再現することができると、とても魅力的です。

作り方のポイント

①乾麺を1時間、水につける
乾麺は生麺の水気を乾燥させて作られているため、逆に乾麺に水を吸わせることで生麺のようなモチモチ感を再現することができます。保存袋に100gの乾麺に対して、入れる水は300㏄。1時間水につけるだけです。
水につけることで水分を吸収するので、ゆで時間が通常8分のところたったの2分でゆであがります。

②干し椎茸でトリュフの味を再現

③ベーコンとスモークチーズで燻製の香りをプラスする
 高級店のベーコンは時間をかけて燻製されているため香りがとても良いです。スモークチーズを加えることで燻製の香りをプラスします。

④火を止めて激しく混ぜる
 激しく混ぜることで、卵が固まるのを防ぎます。また、椎茸の戻し汁の水分と、オリーブオイルやベーコンの油分を激しく混ぜることでうまみがアップします。

材料

・パスタ1.6㎜   …100g
・塩       …少々
・卵       …3個(全卵1、卵黄2)
・パルメザンチーズ…25g
・昆布茶     …小さじ1/4
・オリーブオイル …大さじ1
・にんにく    …1かけ
・ブロックベーコン…50g
・スモークチーズ …6g
・干ししいたけ  …1個(約5g)
・黒こしょう   …適量

作り方

下準備

・保存袋にパスタと水を入れ、1時間常温でつけておく
・器に水と干し椎茸と入れ、常温で1時間つけておく
・卵、パルメザンチーズ、昆布茶を泡だて器でよくかき、卵液を作っておく

①にんにくを包丁の腹でつぶす。フライパンにオリーブオイル、にんにく、5㎜に切ったベーコンを入れ、中火で炒める。

②ベーコンがカリカリになったら弱火にし、にんにくを取り出す。

③薄切りにしたスモークチーズと椎茸の戻し汁をフライパンに加える。

④水につけておいたパスタをお湯でゆでる(2分)

⑤パスタが茹であがったら、フライパンの火を止め、パスタを入れ軽く混ぜる。

⑥下準備で混ぜ合わせていた卵液を加えてパスタと卵を激しく混ぜ合わせる。

⑦ブラックペッパーを混ぜ合わせて完成!

パスタをあらかじめ水につけておくというのは目からうろこでした。ガス代の節約にもなるし、一石二鳥ですよね。高級店の味を再現するための様々な工夫が凝らされていて作るのも楽しそうです。

フライパン一つで作れるみきママのカルボナーラ

パスタ

みきママはいつも簡単で美味しいレシピを提供してくれますよね。今回紹介するカルボナーラも、調理時間はなんと15分。作りたいときにすぐ作れて野菜もたくさんとれるのがみきママのカルボナーラの嬉しいポイントです。

みきママのカルボナーラのポイント

・ヘルシーであること
 白菜とほうれん草をどっさり使って作るみきママのカルボナーラ。野菜をたくさん食べることができるので、カロリーを抑えることができますね。

・フライパンひとつだけで作れること

 パスタはソースの中に加え、一緒に加熱します。味が良くしみこみますし、時短になります。
 洗い物が少ないのも嬉しいですよね。

材料(4人分)

・ベーコン     …大4枚(64g)
・白菜       …1/4株(750g)
・ほうれん草    …1束(200g)
・バター      …20g
・粉チーズ     …大さじ6
・卵        …1個
・塩        …少々
・ブラックペッパー …適量
・パスタ(7分ゆで)…300g 

・牛乳       …2.5カップ
・水        …2カップ
・顆粒コンソメ   …大さじ3
・おろしにんにく  …大さじ1


作り方

①白菜はざく切りにし、ほうれん草は7cmの長さに。ベーコンは5㎝幅に切る。

深めのフライパン(26cm程度)にバターとベーコンを入れてベーコンをカリッとさせるように強火で1分炒める。

③②にAを加えて沸騰したらパスタを加えて混ぜる。そこに白菜を加え時々混ぜながら7分煮る。ふたはしない。残り2分になったら、ほうれん草と粉チーズを加えて煮て、最後に塩で味を整える。

④③を皿に盛り、卵を割ってのせ、ブラックペッパーをかけたら出来上がり!


野菜たっぷりでヘルシーだけど、食べ応えのあるパスタです。パスタを別にゆでないのは珍しいですが、味がパスタによくしみ込んで濃厚な味わいになります。

まとめ

パスタ

いかがでしたか?どれも違った特徴があり、おいしそうでしたよね。

個人的には一番材料も少なくて、シンプルな味わいが楽しめそうな
小林シェフのカルボナーラレシピを定番のレシピにしたいです。

作って食べ比べてみるのも楽しそうですよね。
みなさんもぜひ作ってみてください。