玉ねぎ

ダイエットに効果があると話題になっている玉ねぎヨーグルト。ご存知の方も多いのではないでしょうか。『得する人損する人』でも紹介され、その効果は抜群でしたよね。ラクやせが可能と言われている玉ねぎヨーグルトについてご紹介します。

玉ねぎヨーグルトとは?

玉ねぎ

玉ねぎヨーグルトとは、その名の通り玉ねぎとヨーグルトを混ぜたものです。
ヨーグルトにはビフィズス菌乳酸菌などが含まれ、これが腸内細菌を活性化させます。腸内細菌が玉ねぎに含まれるイヌリンをエサにし、作り出されるのが『短鎖脂肪酸』。この短鎖脂肪酸こそ、『やせ酸』としてダイエットに効果があると期待される物質です。

1日に小鉢一杯分、50g以上を毎日食べ続けるようにしてください。

玉ねぎヨーグルトを食べることで期待できる効果として次のようなものが挙げられます。

・腸の動きを活発にする
・代謝を上げる
・脂肪の吸収を抑える
・食欲を抑える

玉ねぎヨーグルトを食べることでこのような効果が得られるとは知らなかったです。一緒に食べることに身があるんですね。ダイエットに効果のありそうで、結果が期待できそうです。

玉ねぎヨーグルトの作り方

材料
・玉ねぎ      …1/2個(100g)
・ヨーグルト(無糖)…200g
・塩        …小さじ1/2

作り方
①玉ねぎを薄くスライスし、30分ほど空気に晒す。
 水にさらしてしまうと、効果が落ちてしまう可能性があるのでやめましょう。
 辛みが気になる場合はより長くおいておくようにしてください。
②玉ねぎにヨーグルト、塩を投入れ、よく混ぜたら出来上がり。
 ヨーグルトはビフィズス菌が入ったものを選ぶとより効果が期待できます。
 無糖ヨーグルトの方がおいしく食べられると思います。

このままでももちろん食べられますが、冷蔵庫で一晩寝かせると玉ねぎがしんなりしてマイルドになり、食べやすくなります。
作ったものは2日から3日で食べきるようにしてください。

これを毎日、小鉢一杯分、50g以上食べ続けることが大切です。
量も多すぎなので、簡単に毎日続けることができそうですよね。

玉ねぎヨーグルトの食べ方

玉ねぎヨーグルト

玉ねぎヨーグルトはさっぱりとして食べやすく、チーズのような味わいです。
タルタルソースの代わりに、お肉にのせたり、サラダのドレッシングとして使うのもさっぱりとしておいしいと思います。ハンバーグソースにアレンジしたり、カレーにいれて食べたりするのもおいしいですよ。

玉ねぎヨーグルトを食べるタイミングは、食事のときにほかのおかずと一緒に食べるのがおすすめです。ヨーグルトに含まれるビフィズス菌は胃酸に弱いので、空腹のお腹に入れても腸まで届かないことがあります。
また玉ねぎヨーグルトには食物繊維も豊富に含まれています。食物繊維は炭水化物の吸収をゆるやかにするといわれているので、ごはんやパンなどの主食の前に食べるとより効果が期待できるでしょう。

2週間程度で腸内環境が整ってきます。初めはお腹が緩くなってきたと感じるかもしれませんが、これは今までとは違う菌が腸内にいるため。2週間程度で落ち着いてくるそうです。

新・玉ねぎヨーグルトって?

玉ねぎヨーグルト

玉ねぎヨーグルトに納豆をちょい足しすることで、より高い効果が期待できます。
納豆一パック(約50g)に1日の摂取量の目安である玉ねぎヨーグルト50gを入れて混ぜると完成です。

玉ねぎに含まれるイヌリンをエサにし、腸内の善玉菌は『やせ酸』といわれる短鎖脂肪酸を生み出します。
納豆にはムチンが含まれており、善玉菌はこれもエサにして『やせ酸』を生み出すと考えられています。

納豆も一緒に食べることにより、より多くの『やせ酸』を生み出し、ダイエット効果が期待できるということです。

ダイエットをするならできるだけ効果が高い方が嬉しいですよね。納豆は経済的ですし、いつも冷蔵庫にある人も多いのではないでしょうか。
わたしも納豆が好きなのでいつも冷蔵庫においています。玉ねぎヨーグルトと一緒に食べると効果的に痩せられるということなので、毎日続けたいと思います。

まとめ

玉ねぎヨーグルト

いかがでしたか。ダイエットといえばつらいことも多いですが、これはとても簡単な方法です。玉ねぎとヨーグルトという身近な食材がダイエットに効果があるとは知りませんでした。
この玉ねぎヨーグルトなら、お腹の中から健康になれてダイエットもできます。とても嬉しい効果ですよね。
いろいろな料理にアレンジすることができるので、無理せず楽しく続けることができそうです。みなさんもぜひ試してみてはいかがですか。