得する人損する人 豆腐変化鍋

2月2日に放送された『あのニュースで得する人損する人』で、鍋-1グランプリ2017が開催されました。皆さん腕を振るっていましたが、いけだてつやさんが作った豆腐変化鍋も美味しいと絶賛されていました。作り方を詳しくご紹介しますので、主婦の皆様の参考になればと思います。

「楽しく節約!豆腐変化鍋」レシピ

得損がこの冬1番の鍋を決める『鍋-1グランプリ』のルールは、以下の2つでした。

・市販の鍋つゆと、スーパーの食材を使う
・材料費は4人前で合計2,000円以内

誰にでも買える材料、しかも節約レシピなのでとっても参考になると思いますよ。

いけだてつやの「豆腐変化鍋」レシピ

得する人損する人 豆腐変化鍋

<材料>
・豆腐 1丁
・鶏塩鍋つゆ 1袋
・しょうがチューブ 大さじ1
・重曹 大さじ1/2
・キャベツ 300g(6枚~7枚程度)
・にんじん 80g(中サイズ1/3程度)
・ねぎ 100g(中サイズ1本)
・鶏ひき肉 200g
・塩 小さじ1/2
・にんにくチューブ 小さじ1
・餃子の皮 適量

<作り方>
1、豆腐は切らずにそのまま鍋に入れます。
2、鶏塩鍋つゆ、しょうがチューブを鍋に入れて火にかけます。
3、次に重曹を加えます。
※重曹のアルカリ性で豆腐が溶け出し、豆乳をプラスしたようなクリーミーな鶏塩だしに!
4、キャベツは千切り、ニンジンは薄く切る、長ネギは適当な大きさに切ります。
※キャベツの芯やにんじんの皮、長ネギの青いところは後で使うので捨てないでください。
5、ポリ袋に鶏ひき肉を入れたら、とっておいた野菜の皮などを細かく切って全て一緒に入れます。
6、5の中に、塩とにんにくチューブも入れて袋ごとよく揉みます。
7、全体がよく混ざったら、袋の端を切って絞り出しながら鶏だんごを作り鍋に入れていきます。
※袋の端は、切り過ぎないようにしましょう。
8、キャベツ、ニンジン、長ネギを入れます。
9、餃子の皮は四つ折りにして、お好みの量を鍋に加えます。
10、ひと煮立ちさせたら出来上がりです。

〆に食べたい!クリーミーサンラータン麺のレシピ

得する人損する人 豆腐変化鍋

<材料>
・中華麺 200g
・酢 大さじ4
・ラーユ・黒コショウ 各適量

<作り方>
1、残ったスープに中華めんをほぐしながら投入します。
2、酢を入れてひと煮立ちさせます。

ふわふわの泡が立ち、とってもクリーミーなサンラータンの出来上がりです。お好みで、ラー油や黒こしょうをかけて召し上がれ♪

豆腐変化鍋のポイント

得する人損する人 豆腐変化鍋

重層と豆腐の変化を上手に利用した素晴らしいレシピですよね!よく考え付くな~と感心してしまいます。

「料理は化学」と言う料理人をテレビで見たことがありませんか?化学なんて言われると、実験みたいで料理とは程遠い感じがしますが、その食材の原料や火の通り方などを分析して完成させているので、間違いない調理法なのではないかと感じます。(たまに試してます)

肉団子を作る際、全てポリ袋の中で完成させて絞り出すというのは、洗い物が出ないし手も汚れないので主婦は皆さん嬉しいと思います。

手でこねるのって、結構面倒に感じるんですよね・・

まとめ

得する人損する人 豆腐変化鍋

いかがでしたか?市販のスープを使って簡単に安く作れるお鍋はとっても助かりますよね。手を汚さず、野菜も全て使って無駄にしないのも嬉しいです。

まだまだ寒い日が続きますから、クリーミーなお鍋で温まりましょう。