アイロン

2018年2月15日に放送された『得する人損する人』で絶賛された、驚きのアイロン技!伝授してくれたのはクリーニングのプロ、池森渉さんです。たった1分でできる、明日から使える必見のアイロン技をご紹介します。

Yシャツのらくらくアイロン技

アイロン

Yシャツの襟にアイロンをかけるとき、端からもう一方の端に向かってアイロンをかけている人も多いのではないでしょうか。しかし、きれいに仕上げるポイントは、端から中央にかけること!片方の端から中央に向かってアイロンをかけた後、反対側も同じように端から中央にかけます。こうすることにより、端から端にかけた時にできてしまう、しわを防ぐことができるのです。

袖口は、丸い形を崩さずにキープしつつ、裏側からかけるのがポイントです。真ん中、左右それぞれの計3回アイロンをあてるだけできれいに仕上がります。

前立てのアイロンのポイントは、表ではなく裏からかけること!ボタンを気にすることなく、スムーズにアイロンをかけることができます。

今まで当たり前のようにしたアイロンのかけ方が違っていたとは思ってもみませんでした。少し面倒なYシャツのアイロンがけでも、この方法なら簡単に、仕上がりもきれいにできそうです。

首周りのヨレヨレを1分で復活させるアイロン技

アイロン

ヨレヨレになってしまった首周りをたった1分で復活させるのが『ハンコがけ』です。
方法は簡単!スチームアイロンを使って、首周りにできたヨレヨレの山の部分に、ハンコを押すようにあてて、うちわやドライヤーで冷す、これだけです。
アイロンをあてるときは、横にずらさないようにまっすぐにおします。


首周りのヨレヨレは繊維が横に伸びて盛り上がり、山になっている状態です。スチームアイロンを使って上から押すことで広がった繊維を縮め、首元を復活させることができるのです。

ハンコがけをした後は、忘れずにうちわやドライヤーを使って10秒ほど冷ましてください。
生地に熱があると曲がりやすいため、熱を冷まして記事を縮ませた状態で固めるためです。

このたった1分の技で首周りのヨレヨレが直るとは驚きです。着れなくなってしまった服を復活させることができる嬉しい技ですね。早速試してみたくなりました。

伸びきったヨレヨレには『ハンコがけ応用技』

アイロン

山がないほどに首周りが伸びきってしまっている場合もあるかもしれません。そんな状態になってしまった服が復活したらとても嬉しいですよね、そうなってしまった服の首周りをきれいに復活させる技をご紹介します。

まず繊維を持ち上げて山を作ります。そして作った山をつぶすように、上から先ほどと同じハンコがけをします。首一周分ハンコがけを繰り返し、最後はうちわやドライヤーで10秒ほど冷まします。先ほどのハンコがけと同じで1分ですぐに実践できる便利な方法ですね。

首周りのヨレヨレが原因でさすがにもう着れないだろう…とパジャマになってしまったり、捨ててしまったりした服ってありませんか。これからはそんな服も復活させることができそうです。お気に入りの服も長く着ることができるので、とてもありがたい嬉しい技だと思います。

まとめ

アイロン

今まで何気なくアイロンをかけていた人も多いかもしれません。わたしもその一人です。しかし、正しいかけ方を実践することで、こんなにも仕上がりが違うということを知り、びっくりしました。
首元がヨレヨレになった服も、これからは捨てずに、きれいに復活させることができますね。皆さんもぜひ実践してみてください。