換気扇掃除

日本テレビで毎週木曜日に放送中の
『あのニュースで得する人損する人』。

誰でもマネできる
“はやい・ラク・すごい”といった
画期的な家事の裏ワザ得ワザを
紹介していることもあって、毎回目が離せません。

2016年12月29日放送回では
『年末の一大家事“大掃除”がグンと楽になる得技』と銘打ち
大掃除で面倒な場所の掃除テクニックを
大々的に取り上げていました。

お掃除のやり方を紹介したのは
得損ヒーローズのエース
《《家事えもん》》

家事を日々行う人たちにとっては
言わずと知れた
鉄板のヒーローです!




厄介な場所、換気扇…。

番組では、窓・網戸、お風呂場、リビング、キッチンなど
あらゆる場所の、その場その場にマッチした
お掃除方法を紹介していました。

家事えもんのお掃除テクを参考に、
今回私は、キッチンの中の厄介者
『換気扇』の掃除にチャレンジしてみました!

ベタベタの油汚れが気になる換気扇。
油がついたところに
さらにホコリが付着してしまって
見るも無残な我が家の換気扇…。

掃除したいけど
なかなか手をつけるにははばかれる
まさに魔境のような空間です。

家事えもん流・換気扇そうじ

いつもお掃除では
シンクに水を溜め、部品をお湯に浸けながら
洗剤が付いたスポンジでこすり洗いしています。

しかしこの方法だと
溜めていた水を抜いた時に
油汚れがシンクの方にくっついてしまうのです。

換気扇はきれいになったのに
シンクはベタベタに汚れてしまっていて
結局シンクを洗うことになり二度手間…。

次から次へと掃除をしなくてはならない時に
これは本当に面倒です。

でも!
家事えもん流テクニックを使えば
こんなイライラからはサヨナラ!

しかも頑固にこびりついた油汚れが
ピッカピカになるとのことです。

お掃除に必要なアイテム確認

準備するものは以下のとおりです。
・大きめのゴミ袋(1枚)
・テープ
・重曹
・たっぷりのお湯

※ゴミ袋は換気扇のサイズに合わせた大きさにします。
※用意する重曹は、お湯100mlに対し3g程度です。

今回用いた重曹は、100円均一で購入したものです。
料理用、掃除用、どちらにも使えるので
家庭に一袋用意してあると非常に便利です。

いざ換気扇そうじ!

ゴミ袋の口を大きく広げ
四方をしっかりとシンクに合わせ、
テープで貼り付けて固定します。

袋の中にお湯をため
必要な量の重曹を入れて溶かします。

換気扇部品を重曹の中に

換気扇を取り外し、
取り外した部品をどんどんと
お湯を張った袋の中に入れていきます。

しばらく浸けておくと
油やホコリなどの汚れが浮いてきます。

ゴミ袋の中でしっかりと汚れを落として
きれいになったところで取り出します。

最後に、ゴミ袋の端を小さくカットして
汚れた水を捨ててしまいます。

家事えもん流お掃除のポイント

家事えもんいわく、
ゴミ袋に使用されているポリエチレンには
油を吸着する性質があるそうです。

換気扇の汚れは、
すべてゴミ袋の内側に吸着するので
捨てる水でシンクが汚れることがありません!

ゴミ袋の切り方によって
水を細く流しに出せるのもいいですよね。

使ったゴミ袋はそのまま捨ててしまえるので
後片付けがとっても簡単です。

重曹パワーで蘇ったピカピカの換気扇!

いつもの掃除でストレスだった換気扇そうじ。

重曹が持つ力で、油汚れがしっかりと落ち
今までの我流のそうじより
はるかにピカピカになりました。

何より、シンクがベタベタに汚れてしまう
あのがっかり感がないことが本当に嬉しいです!

用意する掃除用具も少なく
しかも自宅にあるものでできるので
手軽に取り組めます。

これなら、年末の大掃除に限らず、
ちょっと時間に余裕ができた日や
揚げ物を作った次の日など
気軽にこまめに掃除ができそうです。

まとめ

キッチン周りは、毎日のごはんを作る
生活の基本となる場所です。
だからこそ他の場所よりも清潔さを保ちたいですよね。

お店で購入した重曹を使い切れずに
持て余している家庭も多くあると思います。

こんなふうにお掃除に使用すると
また違った活用方法を見出せますね。

キッチンがピカピカになると
お料理もはかどります!

簡単にきれいになる家事えもん流お掃除。
皆さんもいかがでしょうか♪