得する人損する人

2017年11月2日放送の日本テレビ系『得する人損する人』で、「ちまたでウワサの4つの最新ラクやせ法」という特集がありました。

ここで紹介された4つの「ラクやせ法」の一つが、「帳消しダイエット」です。

「帳消しダイエット」とは、高カロリーの食事をしたときは、帳消し食材をあわせて摂ることで栄養バランスを整えて、カロリーの消費を上げることでダイエットを実現する方法です。

気になるのは、「帳消し食材」って何?ってことですよね。

また、高カロリーの食事と帳消し食材の組み合わせって決まっているのか、ということも気になりますね。

そこで、ここでは、『得する人損する人』で紹介された「帳消しダイエット」と帳消し食材についてご紹介します。

【得する人損する人】 帳消しダイエット

帳消しダイエット

「帳消しダイエット」では、高カロリーの食事と帳消し食材を合わせて摂ることで、カロリーの消費を上げて、ダイエットを実現します。

そもそも食べ過ぎて太るのは、摂取カロリーを消費しきれずに、それが脂肪として体内に蓄積されるためです。

その余分なカロリーを消費するための手段として、まず思い浮かぶのは運動なのですが、運動が苦手だったり、始めても継続できなかったり、なかなか成功しませんね。

ですが、実は、運動をしなくても、人は内臓を動かしたり呼吸をしたりすることで、カロリーを消費しているんです。

これが、基礎代謝と呼ばれるものです。

この基礎代謝で消費されるカロリーの量は、食生活に大きく左右されるそうです。
専門家によると、基礎代謝を上げ、カロリーをより多く消費するには、栄養バランスがとれた食事が必要なのだとか。

この理屈を応用したのが、「帳消しダイエット」なのです。

帳消しダイエット 「高カロリーの食事+帳消し食材」のメニュー例

帳消しダイエット

では、例として、11月2日の「得する人損する人」番組内で紹介された、メニュー例をご紹介します。

お好み焼き+グレープフルーツジュース

通常のお好み焼き:ビタミンやミネラルが少なく糖質が多い。

グレープフルーツジュース:ビタミンとミネラルが豊富。イノシトールという成分が余分な糖を排出。

また、ケンフェロールという成分の働きで、余分な資質を減少することも可能です。

栄養バランスが良くなり、代謝が上がることで、食べた物の脂肪や糖が燃焼しやすくなります。

【ポイント】

果物をそのまま絞るのがベストです。

市販のジュースを選ぶ場合は、ストレート果汁100%のものがおススメです。

1人前のお好み焼きにつき、ジュース1杯の分量が目安。

ホットドッグ+プルーン

ホットドッグ:脂質が多い。

プルーン:食物繊維とアントシアニンの働きで、脂質の吸収を防ぐ。さらにビタミン、ミネラルも含まれており、栄養バランスが良くなる。

【ポイント】

1人前のホットドッグにつき、プルーン1~2個が目安。

たらこパスタ+リンゴジュース

たらこパスタ:たらこに脂質が含まれるが、魚介系の良質な資質なので帳消しの必要なし。問題は、パスタに多く含まれる糖質。

リンゴ:オスモチンという成分により、糖質の燃焼を助ける。パスタはビタミンが足りていないので、リンゴジュースで補う。

【ポイント】

果物をそのまま絞るのがベスト。

市販のジュースを選ぶ場合は、ストレート果汁100%のものがおススメ。

1人前のたらこパスタにつき、ジュース1杯の分量が目安。

ラーメン+チャーシュー×バナナ

トッピングなしのラーメン:タンパク質とビタミンが不足。

チャーシュー:豚肉なので、たんぱく質やビタミンB2を補える。L-カルニチンが脂質や糖質の燃焼を促しやすくする。

バナナ:カリウムの作用で、ラーメンに含まれる過剰な塩分の排出がされやすくなる。

【ポイント】

ラーメン1杯につき、チャーシュー1人前、バナナ1本が目安。

ハンバーグ+大根おろし

ハンバーグ:ひき肉は脂質が高く、ビタミンとミネラルが不足しがち。

大根:ビタミンとミネラルを補い、食物繊維で余分な糖質を排出しやすくなる。

焼き肉+ブラックコーヒー

:脂は飽和脂肪酸と言われ、体脂肪になりやすい。

ブラックコーヒー:メラノイジンと呼ばれる成分が余分な脂肪を吸着し、排泄を促しやすくする。

【ポイント】

焼き肉1人前につき、ブラックコーヒー1杯が目安。

まとめ

「食べ合わせ」とはよく聞きますが、それでダイエット効果があるって知りませんでした。

効果的な組み合わせで食事をして、食べることを我慢せずに、ダイエットできたら嬉しいですよね。ぜひ、この組み合わせメニューを取り入れてみてくださいね。

ただし、効果は個人差がありますし、食べすぎたら、もちろん太ってしまいますので、くれぐれも食べ過ぎないようにしてください。