ふきのとう 時期 食べ方 下処理

春の訪れを感じさせてくれるふきのとう。自分では上手に料理できないと諦めている方もいるかもしれませんね。せっかくですから、ふきのとうの旬の時期や美味しい食べ方を覚えて、食卓に春を呼び込みましょう。

ふきのとうの旬はいつ?

ふきのとう 時期 食べ方 下処理

ふきのとうの旬は3月~5月です。雪解けとともに顔を出し、私たちに春が近いことを知らせてくれます。

一般的なふきは、葉と茎の部分を言います。春になって蕾をつけるのですが、それがふきのとうですね。

食べられるのは地上の部分だけです。地下茎は肝毒性が強いペタシテニン(Petasitenine)が含まれているため、食用にはできませんのでご注意を。

自生する場所は里山から河川の河原など幅広く、日本では本州を中心に全国で見ることができます。

探すなら、水気が多く風当たりの少ない場所がポイントです。田んぼの畦道などにもよく生えていますよ。

私の親戚が雪国にいるのですが、ふきのとうを見つけると収穫して食べるのだそうです。蕾があまり大きくなく開いていないものを選ぶと良いんだそう!開き過ぎると苦みが強くなると言っていました。

ふきのとうの食べ方

ふきのとう 時期 食べ方 下処理

ふきのとうの料理と言えば、一番人気は天ぷらでしょうね。ふきのとうの特徴である苦みも和らいで、苦手な方でも食べやすくなります。

その他、おひたしやお味噌でいためるのも美味しいですよ。

ふきのとうはアクの強い食べ物なので、まずはアク抜きをしてから調理しなくてはなりません。(天ぷらは一般的にアク抜き不要)

ふきのとうの下処理

まずは下処理をしてからアク抜きをします。

1、外側の皮を1枚外し、茶色くなっているところなどは取り除きます。
2、包丁を入れると変色が進みますので、1の処理をしたものからすぐに水に浸していきましょう。
3、水が黒く濁ったら、新しい水に変えます。

下処理が終わったら水から上げて、アク抜きを行いましょう。

ふきのとうのアク抜き

面倒に感じるかもしれませんが、ほうれん草と同じことですので難しいことはありません。

・鍋にたっぷりのお湯を沸かし、1%ほどの塩を入れます。
(水1リットルに対して小さじ1杯程度)
・沸騰したらふきのとうを入れ、落し蓋やクッキングペーパーでフタをし3~4分茹でます。
・茹で上がったらザルにあけ、すぐに冷水で30分~2時間ほど冷やします。
※しっかり水にさらすことでアクが抜けて美味しく食べられます。

アク抜きができたら、美味しいふきのとう料理を楽しめますよ。すぐに料理しない場合には、冷凍保存が可能です。

茹でて水にさらしたものをしっかりと絞り、フリーザーバッグなどに入れて出来る限り空気を抜いて冷凍します。長くとも1ヶ月以内に食べるようにしましょう。

収穫したてのふきのとうを保存する場合には、乾かないように新聞紙で包み、ビニール袋に入れて保存しましょう。

1週間以内なら美味しく食べられると思いますが、出来るだけ新鮮なうちに食べましょうね。

ふきのとうの人気レシピ

ふきのとう 時期 食べ方 下処理

食べ慣れていないと、なかなか料理の仕方も悩んでしまうと思いますので、ふきのとう料理でポピュラーなものをご紹介しますね。

ふきのとうの天ぷら

・ふきのとうはゴミを取り、さっと洗って水気を切っておきます。
・根元の固いところは切り落とし、蕾を少し開いておくと衣がつきやすいです。
・小麦粉と冷水を混ぜ合わせ、お好みの衣を作ってください。
・中温の油で揚げたら、塩や天つゆ、大根おろしなど添えて食べると美味しいですよ。
※衣はいつもよりも薄めに、サッと揚げるのがポイントです。

薄切りの豚肉に巻いて、揚げたり照り焼きのタレと絡めて焼いても美味しいです。

ふきのとうのおひたし

・水800mlに対して小さじ2杯の塩を入れ、沸騰したら落し蓋をして3~4分茹でます。
・茹で上がったらすぐに冷水にとり、水気を絞ったら食べられますよ。

酢味噌や出汁醤油で食べるのがオススメです。

まとめ

ふきのとう 時期 食べ方 下処理

調べてみると、色々なふきのとうの食べ方が出てきます。

おひたしなら、ふきのとうの美味しさをダイレクトに味わえますし、天ぷらや焼いて食べれば苦みも気になりません。

ふきのとう料理を是非ご家庭の食卓に出して、春を添えてみてください。