菜の花 時期 食べ方

毎年春を感じさせてくれる菜の花。なんともいえない美しい黄色は心が弾みます。観賞用としても素晴らしい花ですが、野菜としての栄養価は高く食材としても素晴らしいのです。そんな菜の花の栄養や美味しい食べ方について、詳しく紹介していきたいと思います。

菜の花の旬はいつ?

菜の花 時期 食べ方

菜の花は、カブや大根と同じアブラナ科の植物です。

菜の花が咲いた状態の畑は、一面が鮮やかな黄色一色になり、なんだか気分がウキウキしてきます。「春だな~!」と、気分を上げてくれる色ですね。特別に春が好きなわけでもないのに不思議です。

菜の花を野菜として食べる場合には、咲く前の蕾の状態を収穫しますので、旬は2~3月となります。

春の象徴ともいえる菜の花ですが、最近は栽培技術の発達に伴い、春以外にも見られるようになりました。

栄養価が優れているため、できるなら一年中食べられた方が良いのですが、何でも一年中食べられるのも季節感がないな~なんて思ってしまうのは私だけでしょうか・・

菜の花の栄養価

菜の花 時期 食べ方

菜の花はとっても栄養価に優れていることを、皆さんご存知でしょうか?

特に多く含まれる栄養素は、菜の花100gあたり以下の様になっています。

・ビタミンC:130mg
・ビタミンB6:0.3mg
・カルシウム:160mg
・鉄分:2.9mg
・カルシウム:160mg
・カリウム:390mg

体内でビタミンAに変化するβカロチンはピーマンの5倍ビタミンCはホウレンソウの3倍以上もある最高の食材です。免疫力の向上やガン予防に効果があると言われています。

ミネラルや食物繊維も多く含まれ、女性に嬉しい葉酸も豊富です。鉄と葉酸が多くとれる菜の花は、妊娠さんや貧血が心配な方には特にオススメですよ!

菜の花の美味しい食べ方

菜の花 時期 食べ方

菜の花と言えば、おひたしが定番ですよね。鮮やかな緑色が食欲をそそります。

でも、意外となんにでも合わせやすい食材なので、色々な料理に加えて楽しんでみてください。

菜の花の茹で方

菜の花1束、およそ200gの場合

1、お水1リットルを鍋に入れて沸かし、塩を小さじ1/2入れる。
2、お湯を沸かす間に、蕾・茎・葉に分けておく。
葉は食べやすい大きさに切り、茎は斜め(5ミリ位)に切ると良いですよ!
3、先に茎を茹で、蕾と葉を入れたら更に30秒ほど茹でる。
5、ざるにあげて冷水で冷やす。
6. 十分に冷えたら、かたく絞って水をきる。

茹で時間の目安

・直径5~6mm:30秒
・直径9~10mm:45~60秒
・直径12mm以上:90秒

茹で方3番目にある茎を茹でる際も、上記の時間を目安にしてみてください。

菜の花の美味しい食べ方

菜の花 時期 食べ方

茹でて水にさらして絞ったら、そのまま麺つゆと鰹節をかけて食べても美味しいですし、からし和えはお酒のおともにピッタリですよ。

お子さんにはゴマ和えにすると抵抗なく食べられると思います。

パスタの具としてアサリなどの魚介類と一緒に加えると相性抜群です。スープにも使えますし、炊き込みご飯にしてもとても美味しいんですよ。

私は油でサッとソテーして食べるのが好きです。油が絡むと緑が鮮やかで、より美味しそうに!ベーコンとソテーしても最高です。

まとめ

菜の花 時期 食べ方

おひたし以外にも色々な料理に使えることを知ってもらえば、より料理のレパートリーが増えますよ!あと1品欲しい時にも助かります。

菜の花は、是非一番甘くて美味しい旬の時期に食べてくださいね♪