ヨーグルト

3月6日に放送された『林修の今でしょ!』では健康長寿の方が食べている発酵食品について紹介されていました。できるだけ健康で長生きしたいですよね。
健康長寿の方が良く食べている発酵食品が納豆、味噌、ヨーグルトです。

今回はそのなかでもヨーグルトに注目してみたいと思います。

なぜヨーグルトが良いの?

ヨーグルト

ヨーグルトはお好きですか?発酵食品であるヨーグルトが身体によいのは今は有名な話ですよね。最近では若い女性を中心に、「腸活」や「菌活」という言葉が流行っています。
なぜヨーグルトは体に良いのでしょうか?

ヨーグルトで免疫力アップ

最近の研究で免疫力というのは腸内の環境に直結していることがわかってきました。免疫力を高い状態で保つためには、腸内を若々しく健康で保つ必要があるということです。そのためにヨーグルトはもってこいの食品です。
ヨーグルトの中には数多くの善玉菌が存在しています。腸内の健康を保つために必要なのが善玉菌。そのなかでも注目すべきはビフィズス菌です。

ヨーグルトのビフィズス菌で免疫力アップ!

数多くある善玉菌の中でも注目すべきはビフィズス菌。大腸のなかにいる菌でビフィズス菌が占める割合はなんと99.9%です。
ビフィズス菌にはがん抑制効果があるとシカゴ大学の最新研究で発表されました。つまり、ビフィズス菌が少ないとがんの予防ができないということです。がんを予防するためにもヨーグルトは積極的に取りたい食品だということがわかると思います。



ヨーグルトでがんの予防に効果があるとは驚きです。今までヨーグルトをあまり食べてきていない方も、これから食べるようにすると腸内のビフィズス菌は増え、効果があるそうですよ。ぜひ将来の健康のためにも食べたいと思いました。

身体に良いヨーグルトの食べ方

ヨーグルト

ヨーグルトはいつ食べていますか?朝食の代わりや、間食で食べている人も多いのではないでしょうか?『林修の今でしょ』ではヨーグルトを食べるのに良い時間が紹介されていました。どうせ食べるなら良いタイミングで食べたいですよね。また、一緒に食べると良い食品もご紹介します。

いつ食べるのが良いの?

ヨーグルトは「食事のあと」のタイミングで食べるようにしましょう。
ヨーグルトに含まれるビフィズス菌は、胃酸に弱いという特徴があります。つまり、お腹がすいている状態のときに食べてしまうと、胃の中で死んでしまい、生きた状態で腸まで届けることができません。食べ物が入っていると胃酸が中和されているので、ビフィズス菌も生きた状態で腸まで届きやすくなります。
死んでしまった菌も腸まで届くと、菌のエサになるので無駄にはなりません。しかし、生きた状態で腸まで届けるようにしたいですね。

どうやって食べるのが良いの?

ホットヨーグルト

ヨーグルトに含まれるビフィズス菌が増えるのは40℃といわれています。電子レンジ500wで約40秒温めると、ヨーグルトがだいたい40℃になります。効率的にビフィズス菌を摂取できるホットヨーグルトを食べるのもおすすめのほうほうです。

フルーツトッピング

ビフィズス菌は食物繊維を一緒にとることでより活性化することが分かっています。食物繊維が豊富に含まれているフルーツと一緒に食べることがおすすめです。なかでも番組の中で紹介されていたのはバナナです。ヨーグルトに合うのでぜひ一緒に食べてみたください。



わたしはホットヨーグルトはしたことがない食べ方でした。寒い日などだと食べやすそうでいいですね。いつもヨーグルトだけで食べているのでバナナと一緒に食べたいです。バナナは食べ応えもあるし、安く売られていること多いので嬉しいですよね。

まとめ

ヨーグルト

ヨーグルトはたくさんの種類があり、好きな人も多い食材ではないでしょうか。わたしも大好きです。健康への良さも知り、今まで以上に食べたいと思うようになりました。健康で長生き、したいですよね。簡単に続けられるヨーグルトで健康な体を手に入れたいと思います。みなさんもぜひヨーグルトを取り入れた食生活を始めてみてください。