2月2日林修の今でしょ!講座で
「冬の朝×医学(冬の朝にNGな習慣)」
が紹介されました。
この時期って寒くて寒くて、起きるのも辛いですよね。

「寒い冬の朝に、やってはいけない行動」を
●起き方
●歯磨き
●朝ごはん

の3つに分けて紹介します。

私は最近寒くて、ついつい朝寝坊しがちです。
早く起きて朝食作りやお弁当作りしなきゃ…!
そう思うけど、体がついていかなくて。
なので、この講座はとても気になります。



冬の朝、やってはいけない起き方

それは、勢い良く起き上がること!
脳卒中などの危険性があるのだそうです。
冬の朝は寒さで血管が縮まっているのですが、勢い良く起きてしまうと血圧が急上昇するとか。


じゃあ快適に起きる方法って?

起きる前、布団の中で手足の指を開いたり閉じたりすること!
いわゆる、手足のグーパー体操ですね。
寝ている時は、手足に血液が集まりやすいんです。
そこでこの体操をし、全身の血流を促します。
すると、体が温まり起きやすくなるんです。

これだったら布団の中でもできるし、手軽ですね。

私も早速明日からやってみたいと思います。


冬の朝の歯磨き次第で、インフルエンザの危険性!

冬の朝、急いで雑に歯磨きするのがよくないんだそうです!
寒いと寝坊しがち、歯磨きだって雑になりがちですよね…。

でも、歯磨きをしっかりしないとインフルエンザになる確率が上がるのだそうです。


じゃあ冬の朝に最適な歯磨きって?

朝起きたら、すぐに歯磨きするのがオススメ。
冬は朝起きると口の中に「インフルエンザ応援酵素(プロテアーゼ)」がたくさんあるのだとか…。
プロテアーゼは、口の中に細菌が増えると発生する酵素です。
もともと私たちの体にあるものなので、マスクして寝ても意味がないそうです。

起きている間は唾液で細菌が抑えられますが、睡眠中は細菌が増えやすいそうです。
なので、起きてすぐ歯磨きをして細菌を洗い流すのが大事なんですね!

歯磨きをせずに朝食を取ると、体内にそのままプロテアーゼが…。
想像しただけでも怖いですよね…。
でも、歯磨きとインフルエンザが関係あるなんて驚きですね。



では冬に食べてはいけない朝食とは?

健康にいいと話題の「スムージと果物」の朝食はNGだそうです!
理由は
●冷え性
●風邪
●だるさ
●便秘

など、様々な体調不良の原因になるんです。
これは、年間を通して、とくに冬がダメだとか。


スムージーや果物を取ったらダメなの?

補助的に摂取するのはOKです!
あくまで、スムージーや果物「だけ」の朝食がNGなんです。
フルーツや野菜に含まれる「カリウム」
これが体温を下げる方向に働いてしまうからなんですね。


寒い冬だからこそ食べたい朝ごはんの紹介

それは、免疫力を高めるメニューと、体温を上げるメニューです。

●免疫力を高めるメニュー
・卵かけごはん
→生卵に含まれるグルタミンが、病原菌と戦う免疫細胞の栄養分になる!
熱を加えるとグルタミンの働きが弱まるので、ぜひ生卵で取りたいですね。

●体温を上げるメニュー
・鮭の味噌汁
→鮭と味噌には、たんぱく質とビタミンB1が多く含まれます。
これが、体温を上昇させるのに重要な栄養素だとか。

人間は、食べたものをエネルギーに変えるため、熱を生みます。
効率よく熱を生み出せるのがたんぱく質なんですね!

そしてビタミンB1は、一緒に食べたご飯の糖質を分解し、吸収しやすくして熱産生を促します。

なので、「卵かけご飯」と「鮭の味噌汁」がオススメなんですね。

鮭のほかに、豚肉もオススメなので、豚汁もいいですね。

お腹が温まると、腸の働きも活発になり便秘の解消にも。

さらに番組では、味噌汁にオリーブオイルを入れるのもオススメと紹介されました。
味噌汁に加えるとできる「油膜」が体を温めるそうです。
胃の中で保温効果が高まるのだとか!




いかがでしたか?
手足の体操、歯磨き、そして朝食。
明日からでもすぐにできそうなものばかりですよね。
味噌汁に鮭は少し抵抗があったのですが…
いわゆる石狩鍋ですよね!
朝から具沢山のお味噌汁、考えただけでも美味しそうです。

まだまだ寒い日が続きます。
健康的に冬を乗り切って行きたいですね。