2月21日の駆け込みドクター!運命を変える健康診断で、腰痛&ぎっくり腰予防を紹介していました。

もうずっと腰痛と付き合っている私ですが、特に何もしていないという…。

番組では、簡単な予防法や、痩せやすい体を作るストレッチも紹介されていましたので、まとめます。

なんと、日本人の体の不調ランキング、
1位が腰痛、2位が肩こりだそうですよ。
それだけ悩んでいる方が多いということですよね。

腰痛 ぎっくり腰

痩せる体を作る!ストレッチの紹介

1、つま先の向きは揃え、足を前と後ろに大きく開く。

2、そのまま真っ直ぐ腰をおろし、股関節の全面を伸ばしていく。

後ろ側の、腰と太ももの間を伸ばすように意識してやると効果的です!

普段歩くときも、おヘソから足が伸びてるようなイメージで歩きましょう。
腸腰筋(腰と足を繋いでいる筋肉)を使うため、代謝が上がり痩せやすくなります!



ぎっくり腰になってしまう理由とは

●急なダイエットのため
食事制限だけのダイエットは、骨粗しょう症になり、ぎっくり腰になるリスクが高まる。

●寝起きがきっかけでなる
寝ているときは体が硬くなっているのですが、この時急に起き上がると体へ負担がかかってしまい、それが原因でぎっくり腰になってしまうことも。
起きる前には、ゴロゴロと寝返りを打ってから起きましょう。

●くしゃみがきっかけで

くしゃみをした時の勢いで前かがみになり、ぎっくり腰に。
壁や、何か台になるものを支えにして、腰を曲げないようにくしゃみをすると良い。


ぎっくり腰を予防するストレッチの紹介

1、背筋は伸ばし、股関節で紙をはさむようにして、腰を曲げない状態でおじぎをする。

2、ももに手を置いて、ひざの曲げ伸ばしをする。

3、曲げ伸ばしするとき、ふくらはぎを掴んですると、さらに効果アップ!

もも裏の筋肉が伸びている、ということを意識しましょう!
1日10回行うと効果的です。



どうでしたか?
テレビを見ながらできちゃうくらい簡単な体操なので、継続していきたいですね!
私も腰が弱いので、ぜひぜひ続けていきたいと思います。