ある高校の朝の登校時、校門で生徒の写真を撮りまくる人物。
この人物は、別に怪しいわけありません!

この方は、兵庫県立三田西陵高校の丹後校長。

今年4月に「校長先生絶こうちょう」という、
なんとも面白いネーミングのブログを開設。

→ 校長先生絶こうちょう

地元紙に取り上げられたこともあり、
月に3万アクセスあるという人気のブロガーです!

この丹後校長は、商売道具のカメラを片手に毎日学校をうろうろ。

ブログを楽しみにしてくれている保護者のためにも、
生徒たちのありのままの姿を毎日投稿しています。

時にはテスト中、時には生徒と一緒に授業を受けながら、
生徒たちのベストショットを逃さないといいます。

これについて生徒たちに聞いてみると、
テスト中に来た時はびっくりしたと話していました!

撮影時の先生は

「授業の邪魔にならないように!」

といいながら歩いていましたが、
結構ノリノリの先生(笑)!

校長先生ブロガー

そんな丹後校長にお話しを聞くと、
高校生活を大学準備だけの暗い時期にしてはいけないといいます。

今の子供はちょっと無理していて、頑張ることが辛そうに
見えることもあるという丹後校長。

やる時はしっかり頑張らないといけないけれど、
慌てなくてもいつか自分の道は見つかると・・。

慌てないで自分のペースで「生きていること」が一番大事とおっしゃいました。

このお言葉は本当に私達保護者にとっても、とても考え深いことだと思います。

先日子供の通っている学習塾の保護者会に行ってきたのですが、
その時も当校の塾長がこう話していました。

近年受験戦争が厳しくなり、親世代の子供の頃よりも
はるかに大変な状況だといいます。

今は高校受験を目標にしている時期ではあるけれど、
長い将来を考えて、最終的にどのような職業なり道に向かいたいかを考えて、
人生の通過地点として、高校受験を捉えてほしいと・・・。

子供の将来を考えて、日々何かと口うるさくなってしまう親の私達ですが、

大変な時期こそ、気持ちにゆとりをもって
子供たちと頑張っていけたらと切に思いました。

そして、丹後校長の好きな言葉。それは「お気楽」!
このような先生に巡り合えた生徒たちは、とても幸せだと思うのでした。