今日のビビットでは、奥様に大注目の「かっぱ橋道具街」を特集!

この「かっぱ橋」を紹介してくれるのは、
毎週金曜日ビビットファミリーのNEWSの加藤シゲアキさんです!

今日10月9日は何の日かご存知ですか?

正解は「10(どう)9(ぐ)の日」だそうです。

・・・ということもあって、

今回は「かっぱ橋道具街」のおすすめ紹介してくれるそうです!

このかっぱ橋を、加藤シゲアキさんと一緒に紹介してくれたのは、
かっぱ橋にほぼ毎週通うという、フードコーディネーターの野口英世さん!

野口さんは、婦人画報や東京ウォーカーなどに情報を提供もしている、
かっぱ橋通にして、料理道具のスペシャリストなのです。

かっぱ橋はプロの料理人が行くイメージがあるけど、
主婦もハマる人が多いと、野口さんはいいます。

では、早速かっぱ橋に潜入です!

170店舗が軒を連ねる「かっぱ橋道具街」。
この中から、野口さんおすすめのお店を紹介します。

 

「お鍋の博物館」

店中に入ると、一面鍋でいっぱいです。
有名ホテルや三ツ星レストランにも商品をおろし、品揃えはなんと2万点以上!
かっぱ橋でも最大級のお店です。

このお鍋の中から、店長の鈴木さんが主婦向けにオススメした鍋は、
「プロキング片手鍋(18cm)」

プロキング 片手鍋

先代の社長が「鍋のベンツ」と呼んでいた商品だそうです。

一般的に使われている業務用のお鍋の2倍くらいの厚さがあり、
その厚さは1円3枚分で、世界最高の分厚さだそうです。

全体が極厚アルミで覆われているので、熱がゆっくり均等に入るため、
焦げ付かずにじっくり煮込むことができるそうです。

例えば、

カレーの温めなおしも、かき回さなくても焦げ付かずにジワーッと溶けるとか!
これは、今すぐにでも買いに行きたいぐらいの魅力的な商品です!

実は通販でも買えるんですよ♪

→ プロキング 片手鍋についてはコチラから

さらに、加藤シゲアキさんが見つけた商品は、

オムライスが誰でも簡単に作れちゃうフライパン「パティシエオムパン」

パティシエオムパン

真ん中がオムライスの形にくぼんでいて、その部分にケチャップライスをのせて、
周りのたまごを包んでいけば、誰でもオムライスを作ることができます。

→ パティシエオムパンについてはコチラから

 

ところで、何故かっぱ橋というようになったのか知っていますか?

昔この場所は水はけが悪くて、大雨が降ると洪水が頻発する場所だったそうです。
そこで、合羽屋を営んでいた喜八という男が、この辺りの治水工事をおこなったところ、隅田川の河童たちが手伝ってくれたことから、この名前がついたそうです。

そしてその河童は、道具街の中心で、街の行く末を見守っているのです。
かっぱ
(かっぱ河太郎像)

 

「飯田屋」

創業102年のこのお店。

店の周りを見ていると、
店内から蝶ネクタイをした威勢の良い男性が登場!

取締役の飯田結太さんです!

こちらにはキッチンの便利グッズが2000点以上置いてあります!
すべての商品を、飯田さん自ら試しているそうなのです。

中でも、飯田さんのイチオシ商品は、

トマト専用のピーラー「トマトピーラー」

 トマトピーラー

このピーラーは、表面が切った後にギザギザしています。

これは断面が増えたということで、
大根などをこのピーラーで切った時は、味がしみこみやすくなるということです。

→  トマトピーラーについてはコチラから

また、銅でできたバターナイフ「プレッドザット」もおススメ!

プレッドザット

こちらの商品は、自分の手の熱を先端に伝えて、固まっているバターも溶かすことができて、トーストにも、スルッとぬることができるのです。驚きですね♪

 

「釜浅商店」

創業明治41年のこのお店は、
和洋合わせて約1000本を取り揃えている包丁のお店です。

店内には、かっぱ橋ならではの、寿司きり包丁やそば包丁なども置いてあります。
また一般のお宅でも使える包丁も豊富に取り扱っているのです。

また、包丁を購入すると、その場ですぐに包丁を研いでくれたり、
無料で名前を入れてくれるサービスもあって、お客さんにやさしいお店です。

 

毎日お料理をする主婦のかたにとっては、一度は訪れてみたい「かっぱ橋道具街」の紹介でした!