「病気がいやならわきの下をもみなさい」という本をご存知ですか。
経路整体師の浅井麗華先生が書いた、今話題となっている本です。

病気がいやならわきの下をもみなさい

人の体は「リンパ」の巡りが悪いと、色々な病気をひきおこしてしまうといいます。

そこで今回のフジテレビ「バイキング」では、
リンパ節の中でもリンパがもっとも集中する「わきの下をマッサージ」することで、

病気にならない体をつくる方法(リンパマッサージ)を、
浅井先生が実際にスタジオで紹介してくれました。

では早速次の通りに実践してみましょう!

リンパマッサージ健康法

簡単!わき流し法・わきもみ

①わきの下に親指をあてる。

②肩甲骨上部に残りの4本の指をあてて挟む。
※手は楽にダランとしていて大丈夫です!

③10秒間ぐっと押す。

④ゆっくり指を離す。
※正直かなり痛い方もいらっしゃると思いますが、
肩から指先に血行が流れてポカポカしてきます。

⑤肩甲骨周り全体に行きわたるように3回繰り返す。
※こうすることで普段ほとんど使わない大円筋を刺激して、
リンパの流れを改善できることで、

「肩こり」や「首こり」を解消できます!

※このマッサージ法は、やり過ぎていけないということはないので、
すき間時間にドンドンやってよいそうです!

 

簡単!わき流し法・わき回し

①親指以外の4本の指をわきの下におく。

②親指は大胸筋におく。

③10秒間ゆっくりと押す。

④さらに血行をよくするために腕を前後5回ずつ回す。

⑤大胸筋と腕の筋肉を同時にほぐすことで、リンパの流れを改善できる。

 

いかがでしたでしょうか!

これから寒さがやってきて「肩こり」などがひどくなる季節になるので、
「リンパマッサージ」をしっかりおこなって、寒い冬を乗り越えていこうと思います!

→ 病気がいやならわきの下をもみなさいの本はコチラから