今回のみきママレシピはフジテレビお昼の人気番組バイキングでご紹介されたナシゴレン&チキンサテです。
これから暑い時期に食べたくなるスパイシーなお料理のレパートリーを増やしてみませんか?
難しそうに感じるナシゴレン&チキンサテですが、
このみきママレシピは料理苦手女子やずぼら主婦の方にもおすすめ出来るほどスリーステップなので簡単ですよ。
本格的なナシゴレン&チキンサテを作ってみて周りを驚かせちゃいましょう!!

作業時間 25分 1人前 244円(調味料は含まれません)

材料(2人分)

鶏もも肉 1枚(270g)、塩 小さじ1/4、たまねぎ 1/2個(100g)
ピーマン 2個(70g)、温かいご飯 丼ぶり2杯分(600g)、いかの塩辛 60g
おろしにんにく 大さじ1、卵 2個、サラダ油 大さじ1/2、すりごま 大さじ5
きゅうり 1本、トマト 1/2個、レタス 4枚

(A)ごまドレッシング 大さじ2、カレー粉・水 各大さじ1、砂糖 小さじ1

(B)タバスコ 大さじ1/2、ケチャップ 大さじ3、顆粒鶏ガラスープの素 小さじ1

作り方

1.材料の準備。

鶏肉は1口大に12等分に切る。きゅうりは1本を12等分に輪切りにする。
玉ねぎは1㎝の角切りにする。ピーマンは種を残すようにまわりからそぎ切り2㎝幅の角切りにする。
トマトは4つにくし切りにする。

2.カレーサテを作る。

鶏肉に塩を揉み込みフライパンを強火で熱し鶏肉ときゅうりを入れパチパチと音がしたら中火にする。

焼き色がついたらひっくり返して両面6分ほど焼き、焼きあがる2分ほど前にキッチンペーパーで余分な脂をとり(A)を入れて絡める。

汁気がなくなったらフライパンの中で竹串に1本あたり鶏肉3個、きゅうり3個を交互に刺し4本作ってお皿にのせ、
すりごまを全体にたっぷりかける。

3.ナシゴレンを作る。

2のフライパンにサラダ油を入れて強火でたまねぎとおろしにんにくといかの塩辛と(B)を入れてかき混ぜながら2分ほど炒める。

水分が飛んだら温かいご飯を入れてほぐしながら炒め最後にピーマンを加えて水分を飛ばすように炒めて器に盛る。

別のフライパンにサラダ油(小さじ1:分量外)を加えて目玉焼きを作りナシゴレンの上に乗せたら完成。

みきママレシピのポイント

みきママレシピ

ナシゴレンに使用する調味料にはサンバルやナンプラーなど日本人の一般家庭にはなかなか常備されていない調味料をつかうので、
サンバルにはタバスコをナンプラーには塩辛を代用して簡単お手軽にナシゴレンを作ります。
サテもピーナッツバターやナンプラーやフェンネルシードという調味料を使いますが、ゴマドレッシングやカレー粉で代用して本格的なサテができます。
鶏肉を焼いた後は脂をふき取ってからタレを絡めるとさらにタレが絡みやすくなるようです。

まとめ

今回のみきママレシピは塩辛やタバスコを調味料としてナンプラーやサンバルの代わりに使用することでお手軽で簡単に本格的なナシゴレンが出来てしまいました!!
このレシピは小さなお子様にはちょっと刺激的かもしれませんが辛い物好きな人にはたまらないと思います。
そして野菜の彩りとも相性がよくとてもおすすめのレシピです。
ぜひ本格的なスパイシー料理に挑戦したい方はトライしてみてください。