今回のみきママレシピはフジテレビのお昼の顔バイキングでご紹介されたたこ焼きです。
関西人にはなじみ深いたこ焼きですが、
なんと今回はフライパンで作るレシピです。
中身がゆるいたこ焼きがフライパンでちゃんと出来るのでしょうか?
家にももちろん一人一台たこ焼き器がありますし友人が集まれば良くたこ焼きパーティーをしているのでこのレシピでどうなるのか楽しみに作っていきます。

みきママレシピのフライパンdeたこ焼き

作業時間 20分 1人前 147円(調味料は含まれません)
材料(2人分)
たこ足 1/2本(50g)、さつま揚げ 1~2枚(50g)、ねぎ 1/2本(50g)、天かす 20g、サラダ油 大さじ1と1/2、青のり・ソース 適量

(A) 薄力粉 70g、水 200cc、牛乳 50cc、卵 1個、かつおだしの素 大さじ1/2

<大葉のたれ>
めんつゆ(3倍希釈のもの)40cc、水 40cc、氷 2個(30g)、大葉 5枚

<しょうがタルタル>
卵 1個、マヨネーズ 大さじ5、砂糖 小さじ1/2、生姜 20g

<麻辣(マーラー)だれ>
コチュジャン 小さじ1、ラー油 大さじ1、山椒の粉(あれば)3ふり

作り方

1.たこ足とさつま揚げを2cm角に14等分に切る。

ねぎはみじん切りしておく。

2.ボウルに(A)の薄力粉を入れ、泡立て器で水を少しずつ加えながらダマがなくなるまで混ぜ、残りの(A)を入れて混ぜ、ねぎと天かすも入れる。

3.強火で熱したフライパンにサラダ油(大さじ1/2)を入れ2の生地をフライパン全体に流し入れ、たことさつま揚げを生地の半分にのせ弱めの中火で5分焼く。

生地が半熟の状態の時にフライパンを傾けながらフライ返しで何ものっていない生地の半分をたことさつま揚げがのっている生地の上に半分に折りたたみ、軽く表面を押さえつけて、生地と生地をしっかりと接着させる。

4.3の生地の下にサラダ油(大さじ1/2)を回し入れ、フライ返しで生地を持ち上げて、生地の下までサラダ油が回るように流し、カリッとするまで弱めの中火で2分焼きひっくり返してさらにサラダ油(大さじ1/2)を入れて中火で2分カリッとするまで揚げ焼く。
最後に強火で両面をさっと焼く。

5.生地を焼いている間にソースを作る。
・冷やしだしは大葉を千切りにして小皿に入れ、残りの材料を合わせる。

・しょうがタルタルは生姜を洗い皮ごとみじん切りして、卵と生姜を小皿に入れて混ぜラップをしないで600Wのレンジで1分~1分30秒ほど加熱したらスプーンでつぶし砂糖とマヨネーズを入れる。

・麻辣ダレは小皿に材料を全て入れてよく混ぜる。

6.4の生地が焼けたらまな板の上にのせて包丁で一口大に切りお皿に盛りつけソースと青のりをかけてできあがり。お好みで5のタレをかけながら食べる。

ポイント

ネギを生地がつきやすいようにしっかりみじん切りをすること。
また牛乳は生地を甘くふんわりと焼き上げてくれるポイントになるので出来れば入れておく方がいいです。

まとめ

今回のバイキングでご紹介されたみきママレシピはフライパンdeたこ焼きということで早速私も作ってみました。
あくまで個人的な感想ですが、私はやっぱりたこ焼き器で焼いた丸いたこ焼きがいいなぁと率直に思いました。
と言うのも、味は確かに美味しかったのですが中がもっちりとしてゆるいたこ焼きは半分に折り返すのも折り返しづらいですし、包丁を入れた時も生焼けのように生地がくっついてしまうためです。
あくまで個人的な感想なので試してみたい方は挑戦してみてください。
ひょっとして私の焼き方が悪かっただけかもしれません。