フジテレビ放送「バイキング」のコーナー「ひるたつ」。
今回は誰もが他人ごとではない「認知症」について解説して頂きました。

脳の神経細胞に障害が起き、記憶力や思考力が落ちて日常生活に影響を及ぼす病気、
それが「認知症」。

現在「認知症」の患者数は推定462万人で、
10年後には推定700万人を超えると言われています。

そこで今回は、日本認知症学会の指導医である榎本睦郎先生が予防法などを伝授!

認知症予防
 

認知症になりやすい習慣のチェック

「認知症になりやすい」習慣を二択でチェックしていきましょう。

あなたの毎日の朝食は、「ほぼ同じ」or「同じでない」

「ほぼ同じ」を選んだ人は・・・
日頃考えない癖ができてしまい、それが積み重なって脳が動きにくくなってしまう

「同じでない」を選んだ人は・・・
日々の朝食は、種類が多い方が脳の刺激になるので認知症予防に適しています。

あなたの歩き方は、「大股」or「小股」

「大股」を選んだ人は・・・
歩幅の広い人のほうが体をダイナミックに動かすため、
筋肉に刺激を与えて脳の血流を良くする効果があり「認知症予防」になります。

「小幅」を選んだ人は・・・
周りの人に追い越されないように急ぎ足で歩けば、「大股」と同様に予防策に!

あなたの食べ方は、「ゆっくり」or「早食い」

「ゆっくり」を選んだ人は・・・
実は、唾液の中に脳に良い成分が出てくると言われています。
ですので、よく噛んで食べる人は唾液分泌量が多く認知症予防を促進します。

「早食い」を選んだ人は・・・
よく噛んで食べる人より唾液分泌量が少ないため、リスクが高まるといいます。

 
いかがでしたか?
良かったこと、悪かったこと様々だと思います。

認知症予防に良いことをチェック

認知症予防に良いことを、二択で検証していきましょう。

認知症予防に良いのは「入浴」or「昼寝」

「昼寝」を選んだ人!

認知症の原因物質は睡眠によって溶けるので、
15分程度の昼寝は効果的だといいます。

しかし・・・

30分以上昼寝をしてしまうと夜の睡眠の妨げになり、
日常無意識のうちに認知症の原因物質を脳の外に排出している働きが鈍るのです。

認知症予防に良いのは「昔の話しをする」or「自慢話をする」

「昔の話をする」!

ある調査によりますと、昔話しを昔の友人と話すことにより、
記録力の向上が12%ほど高くなるという結果が出たと言います

 
色々な予防法が出てきましたが、どれも納得できる方法ばかりですよね!

今の時代は、認知症は年齢問わず発症する病気と言われています。
日頃から予防をすることにより、発症リスクを少なくしていきたいと思います。