嫌われる勇気 ドラマ

2017年1月12日から、香里奈さん主演で「嫌われる勇気」というドラマがスタート!原作は大ベストセラーとなっている『嫌われる勇気』ということで、今から大変話題になっています。気になるキャストや、ドラマの内容などを詳しくお伝えしていきたいと思います。

放送日時

フジテレビ 木曜劇場
2017年1月12日スタート 毎週(木)22時~22時54分
※初回15分拡大(22時~23時9分)

原作

嫌われる勇気(ダイヤモンド社)
著者:原案岸見一郎、古賀史健

原案「嫌われる勇気」は、続刊の「幸せになる勇気」と併せ、180万部を突破している大ベストセラーの著書です。(2016年10月時点/世界累計360万部超)

原作内容

嫌われる勇気 ドラマ

フロイト、ユングと並ぶ「心理学界の三大巨匠」とされながら、日本では無名に近い存在だったアルフレッド・アドラー。そのアドラーが、20世紀初頭に創設した全く新しい心理学が「アドラー心理学」です。原案では、この心理学を分かりやすく解説しています。「何のことやらさっぱり分からない」そんな声が聞こえてきそうですね(笑)

すご~く簡単に言うと「どうすれば人は幸せに生きることができるか」という哲学的な問いに、シンプルかつ具体的に答えを提示してくれているということです。全ての人に当てはまるわけではありませんが、子育て・仕事などの悩みを前向きに変えてくれる1冊だという読者が続出しています。

主題歌

嫌われる勇気 ドラマ

主題歌「私」を提供したのは大塚愛さんです。ドラマの主題歌を手がけるのは、ドラマ『花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~』に提供した「PEACH」以来、なんと9年ぶりなんだとか。

大塚愛さんの歌詞は女性の心情を語ったものが多く、一度聞くと記憶に残るような曲ばかりですよね。また、あの可愛らしい声も彼女の大きな魅力です。

「ドラマの最後に似合う楽曲を」という制作側のオーダーを受け、他人から嫌われることも気にしない性格の香里奈さん演じる庵堂蘭子のキャラクターなどから、一歩前に踏み出したくなるようなアップテンポな曲調に仕上げたんだそうです。

キャスト

香里奈/庵堂蘭子(あんどう・らんこ 32歳):アドラー心理学を体現する女主人公・一匹狼
加藤シゲアキ/青山年雄(あおやま・としお 28歳):正義感が強く、小さい頃から憧れだった警察官の職に就く
椎名桔平/大文字哲人(だいもんじ・てつと 52歳):帝都大学文学部心理学科の教授・「犯罪心理学」を専門としている、

その他、相楽樹・戸次重幸・丸山智己・桜田通・飯豊まりえ・岡崎紗絵・寿大聡・正名僕蔵・升毅

あらすじ

嫌われる勇気 ドラマ

刑事の庵堂蘭子(香里奈)が属する捜査一課に、新人刑事の青山年雄(加藤シゲアキ)が配属される。蘭子と組んでモデル殺害事件に加わるようにと、係長の半田陽介(升毅)に命じられた青山は、携帯電話を持たない主義の蘭子を探しに行く。やっと探し当てた時「第二の殺人が起きた」と青山の携帯に連絡が入る。

第二の被害者もモデルだった。鑑識課の梶準之助(正名僕蔵)と刑事の浦部義孝(丸山智己)が遺体を調べているところに、蘭子と青山が到着。聞き込みに行くよう指示された蘭子だが、無視して遺体を調べ始める。遺体を見た帝都大学医学部助教の相馬めい子(相楽樹)の見解を聞くも、安易な妄想だと蘭子は一蹴する。

モデル連続殺人事件の捜査会議が開かれたが、蘭子は参加せずにパソコンに向かっていた。マイペースな蘭子に青山はうんざりしていた。半田に相談し、別の任務を与えられた青山は、帝都大学の研究室で教授の大文字哲人(椎名桔平)と会い、庵堂を理解するには「アドラー心理学」を知る必要があると話しを聞くこととなる。

オープニング

嫌われる勇気 ドラマ

NEWSの新曲「EMMA」がドラマのオープニング曲として、2017年2月8日にリリースすることが決定しました。

アメリカンハードボイルドな世界観と、セクシャルな大人の色気が混ざりあうキャッチ―なアッパーソングに仕上がっています。

リリース情報

『EMMA』初回盤A(CD+DVD)
価格:税抜1,400円
2面 4Pジャケット

『EMMA』初回盤B(CD only)
価格:税抜1,400円
12Pブックレット

まとめ

嫌われる勇気 ドラマ

香里奈さんの久々の主演ということで大注目ですし、加藤シゲアキさんとの関係性や変わり者の役どころの椎名桔平さんも気になります。椎名桔平さんは大人の色気たっぷりで大好き♪目の保養になります(胸キュン)フジテレビの木曜枠ということで、大人向けのドラマになるのではないでしょうか。

今までに見たことがないようなドラマ内容になっていて、とっても楽しみですね!