ヒルナンデスで10月26日に放送された「レシピの女王シーズン5」。

準優勝した村松恵香さんのレシピは
今が旬の「さんま」を一味違うお料理にしました!

プロの料理人も、思わずのぞき込んでみてしまうほどのレシピをご紹介します。

レシピの女王 秋刀魚

彩り秋刀魚ロールの材料(3人分)

秋刀魚 ・・・・・・4匹分(三枚おろし)
塩・こしょう・・・・・・・適量
ガーリック粉末 ・・・・・適量
小麦粉 ・・・・・・・・・適量
 

レタス ・・・・・・・・・4枚
パプリカ ・・・黄/赤を各1/4
山芋 ・・・・・・・・・・適量
らっきょう ・・・・・・・4個
クリームチーズ ・・・・・適量
むきえび ・・・・・・・80g
 

酒 ・・・・・・・・・大3/4
塩・こしょう ・・・・・・少々
旨み調味料 ・・・・・・・少々
卵(卵白) ・・・・・・・小2
生クリーム ・・・・・・・大2
 

大根 ・・・・・・・・・5cm
にんじん ・・・・・・・1cm
梅干し ・・・・・・・・・1個
白だし ・・・・・・・・・大1
 

いちじく ・・・・・・・・2個
レモン ・・・・・・・1/2個
酢 ・・・・・・・・・・・大1
油 ・・・・・・・・・・・大1
 

無洗米 ・・・・・・・・・2合
十六穀米 ・・・・・・1パック
青のり ・・・・・・・1パック
塩 ・・・・・・・・・・・適量
 

フリルサラダ ・・・・・・4枚
油 ・・・・・・・・・・・適量

 

彩り秋刀魚ロールの作り方

① 秋刀魚は3枚におろし、両面に「塩」「こしょう」「粉末ガーリック」をふり「小麦粉」をまぶす。

② 一旦秋刀魚はこのまま置いておく。

③ 「パプリカ」「山芋」「らっきょう」を細切りにする。

④ 「レタス」をスチーマーでしんなりさせる。

⑤ ④のレタスに③の野菜をのせていき、最後に「クリームチーズ」を適量のせて巻いていく。※ロールキャベツを作るときのように巻きます。

⑥ 「むきえび」「酒」「うま味調味料」「卵白」「生クリーム」をフードプロセッサーにかける。※この材料が後にとても大事な役割をするのです!

⑦ ②の秋刀魚を2枚一組になるように横に並べる。

⑧ 秋刀魚の内側に⑥のえびのすり身を塗っていく。

⑨ これに⑤のレタス巻きをのせてクルクルと巻いていき、最後に二か所爪楊枝で止めておく。※えびのすり身は秋刀魚とレタスの接着剤になるというわけだったのです!

⑩ ⑨の秋刀魚を耐熱皿にのせてラップをして2分加熱する。(軽く熱を通すぐらいでOK)※これで秋刀魚とレタスがきちんとくっついてくれます!

⑪ フライパンに「ごま油」を入れて⑩の秋刀魚ロールを焼いていく。

秋刀魚とレタス巻きはしっかりくっついているので、焼いていきながら爪楊枝を外してください!

⑫ この秋刀魚に合うソースを作る。

1、「大根」「人参」はすりおりし、叩いて潰した「梅干し」と「白だし」を加えよく混ぜる。
2、「いちじく」の皮をむいて少し刻んだら、「レモン汁」「油」「酢」と混ぜる。

※ここで料理人たちが一言
「肉といちじくの組み合わせはよくあるが、秋刀魚といちじくの組み合わせは面白い!」

⑬ あらかじめ炊いておいた「十六穀米」に「あおのり」「塩」を加えてお椀に移して丸い形にして盛る。

⑭ ⑬のご飯の横に、半分にカットした⑪の秋刀魚ロールとフリルサラダなどを飾って完成!

 

秋の味覚を存分に味わえるお料理が完成しました!

試食した料理人からは「斬新」「食べる箇所で味わいが変わる」などや「いちじくのソースが秋刀魚の臭みを消して食べやすい」など、かなりの高評価でした。

秋刀魚といえば焼いて終わりにすることが多いと思いますが、
一工夫するとこんなにも素敵なお料理に変化するとは、とても勉強になりました。

村松恵香さんありがとうございます。
「レシピの女王シーズン5」とても素敵な戦いでした!

最終的に優勝者は須田順子さんになりました。

→ 第5代レシピの女王 須田順子さんのレシピ本はコチラから