毎週月曜日は、ヒルナンデス「レシピの女王(シーズン5)」。
10月19日はいよいよ「日本一家庭料理がうまい女性決定戦!」の準決勝です!

準決勝のテーマは「誰でも簡単に作れるアイデアお弁当」。
毎朝お弁当を作るかたには必見であること間違いなしです!

今回は宮城県の主婦である須田順子さんにスポットをあてました。

去年のシーズン4の大会で、惜しくも二次予選敗退したという須田さん。
これまで定番料理にひと手間くわえたレシピでシーズン5に立ち上がってきました。

その全ては、家族のために考えた須田家の定番レシピだといいます。

そこには、ご主人を始め2人の娘さんのとの絆があり、
須田さんは娘さんたちのことをこう話しています。

「娘たちがいたからチャレンジしようと思えた」
「的確な意見を言ってくれるので心強い味方」だと・・・。

自分で率先して何かにチャレンジしている姿を、
親として娘たちに見せてあげれたらいいなと思って参加しているといいます。

そんな素敵な家族に恵まれた須田さんの調理スタートです!

レシピの女王

 

えびフライとゆで卵をアレンジした、簡単&美味しいお弁当とは?

 

~ポテト巻きえびフライ~

えび(4尾)
塩こしょう(少々)
片栗粉(適量)
じゃがいも(2個)
大葉(10枚)
ごま(適量)
油(揚げられる量)

① えびに塩・こしょうをふり片栗粉をたっぷりまぶします。

② じゃがいもは皮を剥いてスライサーで千切りしたら、大葉の千切りとごまを加えて混ぜ合わせます。

③ ②に①のえびをからめていきます(パン粉がわり)。
※小さなえびもじゃがいもを巻くだけでかさ増しでき、また卵がなくてもじゃがいものデンプンでえびにくっついてくれます。

④ そのまま油に投入して、パリッと揚げます。

 

~肉巻き卵~

ゆで卵(2個)
豚しゃぶしゃぶ用(4枚)
片栗粉(適量)
砂糖(小さじ1弱)
みりん(小さじ1)
しょう油(小さじ1)

① 茹でた卵の殻をむき、片栗粉をまぶします。

② ①の卵に豚肉を巻いてゆで卵を丸ごと包みます。

※肉巻きおにぎりを作るような感じです!

③ 油で揚げます(えびフライと同時進行でできます)

④ 味付けは、フライパンに砂糖・醤油・みりんを入れて肉巻き卵をからめます。

 

~大根千枚漬け~

大根(3cm分)
しそふりかけ(1g)
すし酢(大さじ2)

ビニール袋にすし酢・しそふりかけ・薄切りの大根を入れて揉み込みます。

 

~黒胡椒メンマ~

ゆで筍(100g)
ごま油(小さじ2)
砂糖(小さじ1)
鶏がらスープの素(2g)
オイスターソース(2g)
ラー油(少々)
粗挽き黒こしょう(少々)

① ゆで筍をごま油で炒めます。

② 砂糖・鶏ガラスープの素・オイスターソース・ラー油・粗挽き黒胡椒を加えます。

 

~しば漬けごはん~

ご飯(500g)
しば漬け(30g弱)
枝豆(適量)

① フードプロセッサーでしば漬けを刻みます。

② ①のしば漬けと枝豆とごはんを混ぜ合わせます。

 

須田さんのお弁当はいかがでしたか?

どれも本当にお弁当作りに役立つメニューばかりですよね。

わたくしのお弁当と比較すると・・・何ともお恥ずかしい限りです。

忙しい朝でも簡単に作れるアレンジばかりですので、
明日から早速取り入れてみたいと思います!

日テレ屋WEBでは「レシピの女王BESTレシピ/¥850+税」を好評発売中!

→ レシピの女王BESTレシピはコチラから