レシピの女王

お昼の情報番組「ヒルナンデス!」の企画のひとつである「シンプルレシピ教室」でレシピの女王が披露したのは、なんと下味をしない唐揚げ。滝沢カレンさんが紹介した唐揚げのレシピと共に書いていこうと思います。

シンプルレシピを披露してくれた滝沢カレンとは

レシピの女王

おかしな日本語が話題となり、バラエティー番組にも引っ張りだこのモデル・滝沢カレンさん。

ウクライナ人の父と日本人の母のハーフです。おかしな日本語から海外育ちと思われがちですが、東京生まれの東京育ちです。
おかしな日本語の原因は、幼いころに周りにいたのが片言の日本語しか話せないロシア人だったからという話もあります。

そんな滝沢カレンさんが登場したので、今回は料理の苦手な女子は滝沢カレンさんなんだなと思ったらまさかの先生として登場。なんと、滝沢カレンさんは料理が大得意なんです。週5日は自炊をされているそうです。

滝沢カレンさんのインスタを見ると、美味しそうな手料理の数々がアップされていて、私みたいに滝沢カレンさんが料理を作れると思っていなかったファンたちは驚いています。
私も気になったから滝沢カレンさんがアップした料理を見ましたが、彩もよく盛り付けも綺麗で感心してしまいました。

滝沢カレンが教える「寄り道OK!唐揚げ一家」のレシピ

レシピの女王

滝沢カレンさんが教えてくれた唐揚げは「寄り道OK!唐揚げ一家」。さすが、滝沢カレンさんです。ネーミングがすごいです。
では、作り方です。

材料(2人分)

・鶏もも肉 1枚
・片栗粉、オリーブオイル 各適量
(下味)
・醤油 大さじ3
・酒・ごま油・砂糖 各大さじ1
・おろしにんにく(チューブでも可) 少々

作り方

➀鶏もも肉を一口大に切る。
➁切った鶏肉を二枚重ねたビニール袋に入れる。
➂下味の材料を入れて、手で揉みこむ。
➃冷蔵庫で10分ほど寝かせる
➄下味をつけた鶏肉に片栗粉をまぶす
➅180℃に熱したオリーブオイルできつね色になるまで揚げる

滝沢カレンさんは体にいいからとオリーブオイルで唐揚げを作るみたいです。他にも、何か言っていたような気がするんですが独特な日本語が面白くてレシピはほとんど頭に入らず。
スタジオで見ていたレギュラーの人達も私と同じで「レシピが頭に入ってこない」とぼやいていましたね。

滝沢カレン流唐揚げのディップ

レシピの女王

多分、「寄り道」はこれを表していたんだと思うんですよね。滝沢カレンさんの唐揚げは揚げて完成じゃなく、四種類のディップを作ってそれをつけて食べるんです。

それでは、滝沢カレンさんが教えるディップのレシピです。

材料

・大根おろし 大さじ3
・ポン酢 大さじ2
・ケチャップ 大さじ3
・明太子 1本
・マヨネーズ 大さじ3
・モッツァレラチーズ 40g

作り方

おろしポン酢
・大根おろしとポン酢をよく混ぜる
ケチャップ
・そのまま器に入れる
明太子マヨネーズ
・明太子の真ん中に包丁で切り込みを入れ、中身を取り出す。そして、マヨネーズと混ぜる
チーズ
・モッツァレラチーズは食べる直前に、電子レンジの600Wで1分加熱

ディップを作っている間も滝沢節は健在。大根おろしを「白いもの」と言ったり。ホント、レシピが頭に入ってこなくて困りますね(笑)
でも、どのディップも作り方が簡単ですよね。滝沢カレンさんの唐揚げは普通の唐揚げと味付けは変わらないから、冷凍の唐揚げでもこのディップは合うかも。
我が家の子供達は冷凍の唐揚げじゃないと食べないから、このディップだけ作ってみようと思います。

初代レシピの女王 成澤文子

レシピの女王
http://books.rakuten.co.jp/rb/13775825/

今回、シンプルレシピを紹介してくれた成澤文子さんは初代レシピの女王です。管理栄養士の資格も持つ成澤文子さんはヒルナンデスの「日本一家庭料理がうまい女性決定戦」で優勝。初代レシピの女王となった彼女は料理家として活動を始め、数々のシンプルレシピを紹介されています。

成澤文子さんのレシピはぱっと見、手の込んだ料理に見えるけれど簡単に出来る物ばかりです。レシピもブログで公開しているので、作ってみたいと思ったら成澤文子さんのブログを見るといいですよ。
同じ主婦として、成澤文子さんみたいにお料理の上手な人って憧れますよね。

レシピの女王が教える下味なしの唐揚げ

レシピの女王

いよいよレシピの女王、成澤文子さんが教えるシンプルレシピのご紹介です。

成澤文子さんはこの唐揚げは大発明だとおっしゃっていました。共演者の坪倉さんも「もしかしたら、アカデミー賞か」と期待する中、成澤文子さんが紹介した唐揚げはなんとただ揚げるだけ。

材料は滝沢カレンさんと同じで鶏もも肉1枚と片栗粉、こちらはサラダ油を使います。
作り方は、鶏もも肉を一口大に切り片栗粉をまぶして揚げるだけ。ちなみに、油の温度は180℃
拍子抜けするほどの簡単さに共演者たちも唖然。大発見したと言いながらただ揚げるだけの調理法に私もビックリです。味無しで美味しいのでしょうか?

レシピの女王が研究の末に辿り着いた「マゼカラ」

レシピの女王

唖然とする共演者達に成澤文子さんはある物を見せます。それはわかめスープの素。成澤文子さんは簡単な唐揚げをいろいろと研究し、辿り着いたのがなんと調理用粉末。それを揚げた唐揚げにまぶすことで唐揚げに味がつくと言うのです。

では、レシピの女王がおすすめする調理用粉末を紹介します。
・わかめスープの素 1袋(お好みでガーリックパウダーを少量)
・えびチャーハンの素 1袋
・ドライカレーの素 1/2袋
・オニオンコンソメスープの素 1袋

混ぜるだけの唐揚げだから「マゼカラ」なんですね。
調理用粉末が揚げた唐揚げに絡みつくから、混ぜるだけでもしっかりとした味になるそうです。
下味を付ける必要もなく、調理用粉末をまぶすだけだからお弁当のおかずにもぴったりですよね。これは、今度作ってみたいです。
成澤文子さんのブログに書いてありましたが、下味をつけていない分焦げにくくて初心者でも簡単に出来るみたいですよ。

まとめ

レシピの女王

滝沢カレンさんと成澤文子さんの唐揚げレシピを紹介しましたが、どちらも今まで食べてきた唐揚げとは全然違いますよね。友達と一緒に食べるときにも盛り上がりそうだし、どちらもオススメです。
ぜひ、作ってみてはどうでしょうか?