生姜焼き

 

6/24放送のヒルナンデスで
初めて作る人のための料理
紹介していました。

 

関ジャニの横山君が
初めて料理を作っていくコーナーで
今日は生姜焼きでした。

何となくで作っていき
後で先生が解説していくコーナーです。

 

親しみやすい生姜焼き定食などで有名ですが
果たして誰でも作れるのでしょうか?

 

まずは関ジャニ横山君が
作り方を知らずに直感で考えて作ります。

なんとなく作った横山君の生姜焼きの点数は
ABCクッキングの先生は30点
とつけられていました。

 

☆おいしく焼ける6つのポイント

ABCクッキングの先生の作り方をみてみましょう♪

 

生姜焼きの作り方

(1)最初にするのは調味料を合わせる事です。

ポイント①お酒

※お酒は豚の臭みを消してくれて
旨みをプラスしてくれます。

分量は1人前

みりん  大さじ1/2
お酒   小さじ 2
しょうゆ  小さじ 2
しょうがのしぼり汁 (大さじ1/2)
砂糖 小さじ1/2

を上から順番に加えたれを完成させます。

 

(2)豚肉の下ごしらえをする

豚肉(肩ロース)を使います。

ポイント②筋切り 豚肉の筋切りをする
赤身と脂肪の間に切れ目を入れて焼き縮みと反り返りを防ぐ

☆筋切りは触感を柔らかく仕上げる大事なひと手間です。

ポイント③下味をつける

筋切りした豚肉の上に下味をつけます。

しょうが1/2(1人前)は
下味をつける時にお肉へつけます

ポイント④しょうがはお肉の臭みを消すので
下味を付ける時からつけます。

約5分下味をつることで
お肉の焼き時間も短縮

片栗粉をお肉にまぶす。

ポイント⑤片栗粉

お肉の旨みを閉じ込めよりジューシーに仕上がる

生姜焼き

 

(3)お肉を焼く

フライパンに油をひき
強火で十分温めてからお肉を焼きます。

強火で焼き色がついたらOKです。

片面およそ30秒ずつです

タレ(1)をいれます。

ポイント⑥タレを入れる時は中火です。

※強火のままだとたれが焦げてしまいます

タレを入れておよそ1分ほど絡めながら焼いたらで完成です。

 

完成したら野菜などと一緒に
お皿に盛ります。

簡単な生姜焼きですが
ポイントを抑えることでおいしさUPです。

 

生姜焼きは誰が作っても
おいしくなるとテレビで言われていました。

最初に横山君が作った時も
おいしいと言っていたものの
やはり先生が作ったものを
後で食べると全く違うようです。

 

生姜焼きぐらいは作れるようになっておきたいですね。

これをみて生姜焼きのたれから
自分で作れるようになっていると
ある程度料理はする人だと思われるかもしれないですね。

生姜焼きを作る失敗しないコツとして
お肉の下準備とタレとお肉の焼き方にあるようです。

しょうがは、ジンゲロール・ショウガオールという
特有の成分がさわやかな辛みの元になっています。

これらは殺菌力のある成分なので、
胃の調子を整えてくれる効果があります。

暑い夏にぴったりですね。

しょうがは、冷えなどにもよく冷房などに
冷えた体を温めてくれる効果もあるので
冷え性の方もいいですね。