現在、ある専門店が女子の間で人気が出ているそうなのです。
あるものとは、「輸入壁紙」です!

そこで今回は、東京都の恵比寿にある「WALPA(ワルパ)」を調査しました!
シックなお店の中には、ロール状の壁紙が多数置いてあります。

このお店には、世界中の130を超える壁紙メーカーと取引があり、
その種類は3万種類といいます!

この種類の多さですと、全商品を店舗に置くことができないので、
店舗にないものはカタログでチェックすることができて、

必要に応じてスタッフさんが、お客様のお好みやご希望に沿えるように、
部屋に合った壁紙の提案をしてくれるそうです。

自分だけでは悩んだり不安だったりすると思うので、
このようなサービスはとても有難いですね!

そして現在こちらの会社は大阪や福岡に店舗を拡大中で、
お客様の約7割は女性の方といいます。

DIY女子

でも壁紙を貼るという作業は、賃貸住宅では利用できず、
マイホームでも自分では貼れないように思うのですが、

こちらのお店の壁紙は、

今ある壁紙の上に貼って剥がすことができるというのです!

また、マスクなどに使われる不繊布を使用しているため、
普通の壁紙よりも繊維が多くて厚めで、破れにくく剥がれやすいといいます。

ですので、賃貸の方がもし引っ越すことになったら、
壁紙を持って引っ越しできるという訳です。

お部屋というのは、やはり壁紙一つでかなり印象がかわると思います。

我が家も入居して早10年以上・・・。
壁紙もかなり汚れてきて、部屋の印象が年々暗くなってきているような・・。

自分のお部屋を自分の好みに変化させることができるなんて、
DIY女子にとっては、本当に夢のようなお話しです!