小倉優子 コロッケ

新じゃがの気節ですね。
新じゃがと普通のじゃがいもの違いは、新じゃがは普通のじゃがいもに比べ皮が薄くて水分が多く、ビタミンCの含有量が多いことです。

この新じゃがを美味しくいただけるレシピが2017年5月4日放送のヒルナンデス!の大ヨコヤマクッキングのコーナーで紹介されていました。
小倉優子さん特製の「練乳入りのコロッケ」です。

練乳入り!?どんな味なのか興味があったので作ってみました♪

 

小倉優子さんの練乳入りコロッケの作り方

大きさの揃った新じゃががなかったので大きい新じゃが1個と普通の大きさの新じゃが1個で作りました。多分、じゃがいも3個分の量だと思います。

材料

新じゃが                       多分3個の分量
玉ねぎ                            小1個
ひき肉                           150グラム
ミックスベジタブル   大さじ3
サラダ油                       大さじ1
塩コショー                   適宜
練乳                               大さじ1と半分
卵                                   1個
小麦粉                           適宜
パン粉                           適宜

 

※今回はミックスベジタブルは使わず、アスパラガスと人参をサイコロ切りにして茹で、コーンを入れて彩りを同じにしました。

※練乳もなかったので手作りしました。牛乳70mlに砂糖40グラムを煮詰めて作れます♪三温糖を使用したのでベージュ色の練乳になりました。

コロッケの作り方

①じゃがいもの皮を剥き適当な大きさに切る。玉ねぎはみじん切りにしておく。

②じゃがいもを耐熱容器に入れレンジ600w5分加熱する。竹串を刺して固いようなら1分ずつ追加で加熱する。

 

③フライパンにサラダ油をひいて、玉ねぎとひき肉を塩コショーをして炒める。

 

④ひき肉に火が通ったらミックスベジタブルを加えて炒める。

 

⑤じゃがいもに練乳を入れてフォークで潰しながら混ぜる。(じゃがいもが熱いうちに)

 

⑥炒めた具材を加えてよく混ぜ合わせる。

 

⑦具材を等分して8個の小判形に形成する。

 

⑧小麦粉、溶き卵、パン粉の順で衣をつける。

 

⑨170度の温度で揚げ始め、衣が色付いてきたら高温にして揚げる。

⑩お皿に盛って出来上がりです。

 

まとめ

小倉優子さんのレシピ。練乳を入れることによって、洋食屋さんのポテトコロッケの味に変身してびっくりしました。
すごく美味しくできて、食べてみるまで「練乳?大丈夫?」と不安でしたが、大満足です☆

ミックスベジタブルは入れても入れなくても大丈夫かも?
新じゃがは水分が多いので、レンジで加熱の際にはラップのふちを少し開けておいて水分が飛ぶように加熱するほうがホクホクとしてよいと思いました。

次回作る時はその点に注意して、より美味しく作りたいです♪