あさイチ 甘酒 作り方 飲む量

甘酒の効果については、今までも取り上げられてきましたよね。芸能人の間でも人気の甘酒ですが、2016年12月5日のNHK『あさイチ』でも放送されました。甘酒の具体的な効果や、飲み方についてまとめていきたいと思います。

美肌芸能人が飲んでいる甘酒

あさイチ 甘酒 作り方 飲む量

女性芸能人が甘酒の美肌効果について語っていたことから、急激に人気となった甘酒。

私が最初に聞いたのは、永作博美さんの甘酒豆乳でした。

その他にも、井川遥さんが毎朝甘酒を飲んでいるとテレビで仰っていましたし、檀れいさんや平子理沙さん、道端アンジェリカさんなどなど、挙げればきりがないほど広まっています。

また実際に皆さんお美しいですから、真似したくなるのも無理はありません。永作さんなんて、40代半ばだというのに老けない芸能人として有名ですよね。

私もすぐに真似して甘酒を大量購入しましたっけ(笑)甘酒ブームのおかげでスーパーでも何種類か置いていたり、山積みになって売っていましたよ。

あさイチで検証!甘酒の美肌効果

あさイチ 甘酒 作り方 飲む量

番組の中で、実際に甘酒の効果について検証を行いました。

女子大生12人にお願いして、4週間続けて寝る前に甘酒を飲んでもらったところ、なんと8人に美肌効果が表れたんです!

肌のきめが整いバリア機能が回復し、乾燥肌や吹き出物が改善されていました。

この結果から、敏感肌の方こそ甘酒を飲んでみた方が良いのではないかと思いました。

疲労回復にも効果あり!

あさイチ 甘酒 作り方 飲む量

あさイチサポーターにも2週間甘酒を飲んでもらって調べたところ、肌トラブルの他に疲労感にも改善がみられました。

その時の飲み方は、甘酒と豆乳を混ぜるというもの。

米麹から作られている甘酒と無調整豆乳を、1:1で混ぜて飲むのが基本です。

この飲み方は、永作博美さんが好んでいる飲み方ですね。

豆乳に含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモン「エストロゲン」と似た働きをするので、甘酒と一緒に飲めば相乗効果で様々な効果を出してくれるでしょう。

更年期障害の緩和にも効果があると言われているんですよ!

甘酒は健康食品

甘酒に含まれる栄養素はものすごい数で、ビタミンB群・必須アミノ酸・100種類以上の酵素・葉酸・食物繊維などが豊富なんです。

栄養剤として使われる点滴とほぼ同じ成分が入っていると言われていて、美容だけでなく健康な体作りにも効果があるわけなんですね。

甘酒が「飲む点滴」と呼ばれるのは、この様なことが理由なのです。

選ぶのは米麹から作られる甘酒

あさイチ 甘酒 作り方 飲む量

甘酒には、酒粕から作られるものもありますが、こちらは砂糖が入っていてアルコールも含まれていますので、誰でも飲めるものではありません。

一方、米に米麹を加えて作られた甘酒は、麹が引き出したお米の甘みのみで砂糖を加えていません。

飲む点滴と呼ばれるものは、この米麹で作られた甘酒の方なのです。
※中には砂糖が入っているものもありますので、原材料を必ず確認して余分なものが入っていない甘酒を選びましょう。

あさイチで紹介した甘酒の作り方

あさイチ 甘酒 作り方 飲む量

<材料>
・もち米 1/2合
・水 300ml
・乾燥米麹 70gm
・500ml以上の保温ポット

<作り方>
1、洗ったもち米と水200mlを炊飯器に入れ、30分ほど浸水してからおかゆ機能で炊きます。
2、炊きあがったらお釜ごと取り出し、残りの水100mlを加えて混ぜ、65℃くらいまで冷まします。
3、そこに米麹を加えて混ぜる。(ここで温度が60℃程度になるはずです)
4、保温ポットに熱湯を入れて振り、全体を温めておく。
5、お湯を捨てたら3を入れ、フタをして少し緩めます。
6、その状態で4時間ほど置きます。
7、4時間経ったら鍋にあけ、弱火で1分ほど混ぜながら温めます。(60℃くらいまで)
8、再度保温ポットに戻し、さらに4時間置いたらできあがりです。

手間に感じるかもしれませんが、混ぜたり置いておいたりすることが主なので難しくはなさそうですよ!

時間がある方はチャレンジしてみては?

最後に

あさイチ 甘酒 作り方 飲む量

甘酒には体の外側だけでなく、内面にも効果があることが分かっています。

安眠効果やうつの緩和、リラックス効果や貧血予防など、ストレスの緩和に効果
があるようなので、是非続けて飲むようにしましょう。

1日に飲む量は、コップ1杯(200cc)程度で良いということですので、毎日続けられそうですね。

ただし、甘酒はカロリーが高く、コップ1杯でおよそ160kcalになります。

その点からも、1日1杯程度が丁度良い量だと言えるでしょう。