キッチンペーパーの活用術

キッチンペーパーって
皆さん何に使用していますか?

油ものをする際などに利用している方が
ほとんどではないでしょうか?

料理などに使用するがそこまで
活用しきれていない人がほとんどだと思います。

 

そんなキッチンペーパーの活用術を
2016年9月6日放送のNHKの「あさイチ」で
紹介されていました。

その中で便利な利用の仕方をまとめてみました。

和食づくりに役立つキッチンペーパー

日本料理店の店主の野永喜三夫さんが
和食を作る際に利用するキッチンペーパーの
活用方法を伝授してくださいました。

お店でキッチンペーパーをよく利用するそうです。

お店の食材の下準備の際に役立ちます。

キッチンペーパーには
フェルトタイプとエンボスタイプの2種類があります。

野永さんは海外で日本料理を披露する際には、
必ずフェルトタイプのキッチンを持っていくそうです。

フェルトタイプのキッチンペーパーで
作る料理
を紹介します。

♪まぐろ漬け

1.まぐろのさくをフェルトタイプのキッチンペーパーで包みます
2.しょうゆ2:みりん1の割合の調味料をキッチンペーパーの上から表裏1杯ずつかける
3.ラップで包み1時間~1晩(好みの味の時間)冷蔵庫に入れて待ちます

※フェルトタイプのキッチンペーパーは
繊維が細かく固めに作られているので空洞ができます。

その中に調味料をしみこませることにより
調味料を少なく素早くしみこみませることができるのです。

♪筑前煮

フェルトタイプのキッチンペーパーを2枚使います。
キッチンペーパーを使用して作る一石三鳥の簡単筑前煮!

材料

にんじん100グラム
さといも中5個
れんこん100グラム
しいたけ4枚
ごぼう100グラム
こんにゃく半分
鶏肉1枚
絹さや4枚
昆布25グラム
だし汁

水1リットル
かつお節5グラム
しょうゆ大さじ4
みりん大さじ4
砂糖大さじ1

作り方

1. 鍋にだし汁の調味料をすべて入れ、
その後、絹さや以外の具材をすべて入れる。
2. フェルトタイプのキッチンペーパーに、
かつお節を輪のように載せ、もう一枚のキッチンペーパーをかぶせる。
その2枚のキッチンペーパーを鍋に入れ、中心に穴を開ける。
※穴をあけると泡がぬけるのでぴったりと具材に
くっつき落とし蓋の役割になるからキッチンペーパーは、一石三鳥!
「落とし蓋」、「だし袋」「あくをとる」役割がある
3. 煮汁が半分くらいになるまで煮詰める。
一度冷まして味を染みこませ、キッチンペーパーに
吸収されている煮汁をしぼり、
さらに好みの味になるまで煮詰めて完成。

野永さんは、かつおぶしのふたを
「かつおぶた」と名付けています。

これは、筑前煮だけでなく
肉じゃがやトン汁にも使えそうですね。

フェルトタイプのキッチンペーパーを利用しています。

エンボスタイプの場合は加熱を想定していないので
利用する際には十分気を付けてください。

料理研究家が披露するキッチンペーパー活用法

キッチンペーパーの活用術

料理研究家の小田真規子さんが
キッチンペーパーを活用した時短の技を教えてくださいました。

エンボスタイプのキッチンペーパーを
4つの折った上で香味野菜を切ります。

こうすると野菜の移動も楽だし
まな板を洗う手間も省けちゃうのです♪

これは便利ですね。

洗い物の手間が省けるのは時短です!!

切りにくいチーズ

半分に切ったエンボスタイプの
キッチンペーパーを包丁に巻きます。

※エンボスタイプは繊維の向きに
沿って簡単にさけます。

キッチンペーパーを巻いた包丁でチーズを切ると
包丁にくっつくことなく綺麗に切れます。

バターやようかんもこの方法でOKです♪

小田さんが他にも教えてくれたのは
いつもの味がワンランクアップする技です

野菜

フェルトタイプのキッチンペーパーをぬらして
野菜を包み電子レンジにかけると
ほくほくの蒸し上がりになります。

※おいしくするもう一つのコツとしてすぐに
キッチンペーパーをはがさずに一度軽く開けたら
もう一度キッチンペーパーで蓋をして余熱が冷めるまで待つ!

お味噌汁がワンランクアップのおいしさに!?

お味噌汁の油揚げの油抜きをしっかりするのがきめてです。

油投げの油抜きは、油揚げを濡らしたキッチンペーパーで
包み500Wで約30秒間電子レンジで加熱します。

濡らしたあとは、軽く2回くらいしぼります。

こうしてキッチンペーパーを利用すれば
油抜きが簡単にできます。

※油揚げの中の水分とキッチンペーパーに含まれた
水分が電子レンジで加熱することにより油
揚げが高熱になり油が溶け出し絞ったキッチンペーパーが吸い込んだのです。

固くなってしまったパン

フェルトタイプのキッチンペーパーに
固くなったパンを包みレンジで加熱します
(600W 10秒くらい)

フェルトタイプとエンボスタイプのキッチンペーパーの違い

キッチンペーパーの活用術

フェルトタイプは、繊維の間が広がっている
・灰汁取りや油こしに向いている

エンボスタイプは、でこぼこした表面で繊維同士がくっついて強度がある
・水を良く吸い取り食材の水切りに向いている

エンボスタイプのキッチンペーパーで実験をしてみると

エンボスありと特製のエンボスなしの
キッチンペーパーで吸収力を実験!

同量の水を落としたところ、
エンボスありは6枚目まで、
エンボスなしは12枚目まで染み込む。

その差は2倍でした。

なぜかというとエンボスありのキッチンペーパーは
2枚の紙をのりでつけた二重構造になっていて、
2枚重ねの内部や表面のでこぼこに
水や油をたっぷり吸収するように工夫されていたのです。

だから料理でこのようなエンボスタイプの
キッチンは生かされているんですね。

コーヒーフィルターの代わりにも!!

コーヒーに携わって40年以上の川島良彰さんが
キッチンペーパーでコーヒーを入れる方法を
実験してくれました。

エンボスタイプとフェルトタイプでは
エンボスタイプの方が味がペーパーフィルターで入れた
コーヒーに近くなりました。

キッチンペーパーを代用する杯は、
1枚をそのままおらずに使う方法が
ペーパーフィルターの味に近いという結果になったのです!

家にコーヒーフィルターを切らしてしまっていたという場合に
キッチンペーパーがあればなんとか代用できそうですね。

キッチンペーパーでコーヒーを入れるとは!

思いつきもしませんでした。

キッチンペーパー活用術を知って思う事

ただのキッチンペーパーとして家に置いておくのと
こうして色々な活用術を利用して料理にいかされるのでは
雲泥の差があるなと思いました。

もっとキッチンペーパーを利用することにより
味がおいしさアップしたり料理の時間が減ったりで驚きでした。

これを知ってどんどん活用していこうと思いました。

それにプラスして自分でもっと他にも
色々なアイデアがあるのではないかと思うので
チャレンジして見つけていきたいと思います。

あさイチで見逃していた人も情報を知るだけでも
考え方も違ってくると思うので
是非キッチンペーパーの活用術生かしてください!!