今日は、3月1日の、あさイチで特集された「卵」についてまとめてみようと思います。

●ゆで卵の殻がうまくむけない…
●卵2個で作れる、ふわっふわのオムレツレシピ
●卵かけご飯にあるものをちょい足しして、完全栄養食に!?
●究極の半熟卵のレシピ

を紹介していきたいと思います。

あさイチ



ゆで卵の殻をつるんと剥くワザ!

ポイントは、卵をゆでる前に、丸い方をスプーンでたたき、ヒビをいれる
茹で上がった後、すぐに氷水に入れて冷やす
産みたての新鮮な卵ではなく、産後1週間程度経った卵を使用する

産みたての卵の卵白には、二酸化炭素が豊富に含まれています。
そして、加熱すると二酸化炭素が膨脹、白身が殻の内側にある膜に絡みつきます。
結果、氷水につけても膜から離れにくくなる(くっついたままになる)のだとか。

産後しばらく経った卵は、二酸化炭素が殻の小さな穴から抜けていき、膨張しにくくなるため、むきやすくなります。

まさか鮮度と殻のむきやすさに関係があったなんてびっくりですね!


明治時代のレシピ!ふわふわオムレツ

<材料>
・卵・・・2個
・塩・・・少々
・有塩バター・・・15グラム

<作り方>
1,卵を卵黄と卵白に分ける
2,卵白を、つのが立つまで泡立てる
3,卵黄に塩を入れ、泡立て器でよく混ぜる
4,3に、2を3回に分けて入れる。
最初は泡立て器で混ぜ合わせ、残り2回は、ヘラで泡をつぶさないように切るように混ぜる
5,強火で熱したフライパンにバターを入れて溶かし、一気にたまごを流し入れる
6,強火のまま、なるべく卵の泡をつぶさないように混ぜ、全体に火を入れる
7,フライパンの端に少しずつ卵を寄せて形を整えたら、ひっくり返す
8,お皿に盛りつけて完成

手順は多く見えますが、卵白さえ泡立ててしまえば簡単にできそうですね。
塩をいれるタイミングが特に大事みたいですよ!



卵かけご飯にあるものをちょい足しで、完全栄養食に!

それは海苔です!
海苔は、卵に欠けている「食物繊維」「ビタミンC」が豊富なため、卵掛けごはんにちょい足しすることで、完全栄養食になるんだそうです!
海苔と卵かけご飯って間違いなく合うし、一緒に食べるだけなのでお手軽ですよね。



究極の半熟卵の作り方!

1,沸騰したお湯に卵を入れる。
2,沸騰を保ったまま卵を転がしながら5分30秒間ゆでる
3,すぐに氷水に入れ、粗熱をとる
●80度以上の湯で卵白を固め、その後、冷水につけることで卵黄まで熱を入れないことがポイント
●沸騰した湯からゆでる場合、ちょっと固まった半熟卵は8分間固ゆで卵は13分間加熱が目安です。




いかがでしたか?
今回は卵の記事をまとめました。
ゆで卵って、なかなか上手くむけなくて、イライラすることも多かったのですが、これからはツルンとむくことができそうです!

ふわふわオムレツも気になりますね!
ぜひ作ってみたいです。