がごめ昆布

7/19のあさイチでがごめ昆布について紹介されていました。

がごめ昆布を使った料理なども紹介されていました。

昆布というと普通にごはんと一緒に食べるイメージがあります。

どんなものと合うのでしょうか??

がごめ昆布

北海道の函館が産地であるかごめ昆布。

とても栄養価が高いのです。

がごめ昆布には、フコイダンが多く含まれています。

フコダインは、免疫力を高めてくれたり
美肌効果ガン予防など
たくさんの健康と美容に良い効果が期待できます。

 

昆布といえばお味噌汁やご飯などとあうイメージが強くあります。

がごめ昆布は、水などにもどすと粘り気がでてきます。

水にがごめ昆布を水に入れて置いておくと
実はもっと粘り気を早く出させることができるのです。

このとろとろしたものは、多糖類なのです。

水をつけるとどんどんととろとろになります。

粘りが強くなると固くなるのです。

 

これを防ぐのによい効果がある調味料があります。

それは「」なのです。

酢を入れると粘りが弱くなり硬くなるのを防いでくれます。

がごめ昆布

がごめ昆布とろろ昆布を使ったレシピ

☆がごめ昆布のあんかけ豆腐☆

材料

がごめ昆布(刻み)・・・ひとつかみ
木綿豆腐・・・1丁
ぬるま湯(35度前後)・・・180ml
白髪ねぎ・・・適宜
揚げ油・・・適量
※しょうゆ・・・大さじ6
※みりん・・・大さじ1
※砂糖・・・大さじ1
※赤とうがらし・・・適宜

作り方

➀がごめ昆布にぬるま湯を入れ、室温で30分間おく。
②1にとろみが出てきたら、※を入れて10分間おく。
③水けをきった木綿豆腐を8等分にし、かたくり粉(分量外)をまぶす。
➃揚げ油を180度に熱し、③の豆腐を入れ、色がつくまで揚げる。
⑤油をきり、皿に盛りつける。
⑥5に2をかけ、白髪ねぎをのせればできあがり。

☆がごめ昆布のなめたけあえのレシピ☆

材料

がごめ昆布(刻み)・・・適量
なめたけ・・・適量
ねぎ(粗みじん切り)・・・適宜

作り方

➀ボウルになめたけ、がごめ昆布、ねぎを入れて混ぜる。
②5~6分間おいて、粘りを出す。

※がごめ昆布は食べ過ぎに注意。
甲状腺の病気がある方は医師に相談してください。

☆がごめ昆布温かトロトロスープ☆

材料

がごめ昆布(細切り)・・・1.5g
チキンスープ・・・250ml
紹興酒・・・小さじ1
塩・・・2g
こしょう・・・適量

作り方

➀鍋にチキンスープ、紹興酒、塩、こしょうを入れ、火にかける。
②沸いてきたらアクをとって、火をとめる。
③80~90度に温度が下がったら、
がごめ昆布を入れ、とろみが出るまで混ぜる。

※少し冷めてから、がごめ昆布を加えると
ほどよいとろみのスープになります。

☆がごめ昆布の冷やしラーメン☆

2人分

材料

がごめ昆布・・・片手で軽く一握り
きゅうり・・・1本
トマト・・・1/2個
中華麺・・・2玉
ごま油・・・小さじ1

作り方

➀冷やし中華のスープを作る(市販のものでも良い)
②がごめ昆布を戻す
③きゅうりとトマトを切る
➃1と2を混ぜる
⑤中華麺をゆでて洗ってごま油であえる
⑥面の上に4(スープ)をかける

☆とろろ昆布の万能タレ☆

材料

きゅうり
トマト
枝豆
みょうが、青じそ
とろろ昆布(はさみで1センチに切ったもの)
しょうゆ
レモン汁

作り方

➀枝豆をむく
②きゅうり、トマトを細かく角切りにする
③みょうがと青じそを粗めに刻む
➃ボールに材料をすべて入れてがごめ昆布、しょうゆ、レモン汁を加える
これで万能タレのできあがり♪
そうめんや豆腐にかけてもおいしいよ。

☆とろろ昆布入りハンバーグ☆

材料

合いびき肉
がごめ昆布(はさみで1センチに切って置く)
豆腐
しょうゆ

作り方

➀合いびき肉に塩を加え粘り気がでるまで練る。
②とろろ昆布を何回かに分けて加える
③豆腐を加えて混ぜる
➃しょうゆで味付けをする
⑤フライパンで焼いて出来上がり

がごめ昆布をつなぎとして使っています
(卵やパン粉をつかっていません)

豆腐もつかうのでとてもヘルシーになっています。

とろろ昆布が水を吸ってくれるので豆腐の水切りは必要ないです。

とろろ昆布を粉末に使うと便利

がごめ昆布

とろろ昆布を粉末にして利用するととても便利です。

ふりかけとして使えたり汁物にも利用できたりします。

レシピの幅は広がります。

作り方

とろろ昆布をフライパンで加熱する
(水分を飛ばすため)

※弱火で昆布を広げながらゆっくり加熱すること。

強火だと焦げてしまいますので注意!

1分ほど加熱するとパリパリとした昆布になります。

それを冷ましてから袋に入れてもむと
粉末のがごめ昆布のできあがり。

瓶などに保存しておくとよいでしょう♪

がごめ昆布の特徴や効能

利尻昆布、がごめ昆布、真昆布、日高昆布と、
北海道は様々な昆布の産地です。

がごめ昆布は粘りが強く、
出汁が出にくいのが特徴です。

この粘りの成分が夏バテ防止につながったり
集中力の低下などを防いでくれます。

その他にも食後の血糖値の上昇を抑制したりしてくれます。

血糖を安定して保つことで空腹感もなくなり
食べすぎも防ぐことができます。

ダイエットにもよいかも!?

感想

がごめ昆布というものは正直知りませんでしたが
たくさなる昆布の産地の北海道では特産物として有名なんですね。

みかけたら購入してみようと思いました。

健康にも美容にも良いものだから
どんどんとっていきたいと思います。