こんにちは。30代、子育て中の主婦です。健康番組が好きです。管理栄養士免許もってます。

2/15(金)金スマで放映された、お医者さんが考案の痩せる味噌汁
「味噌汁で痩せられるって、本当ならすごい!」
と思い、調べてみると、興味深い結果に!

管理栄養士の立場から解説してみたいと思います。

また、レシピや実食の感想もお伝えします。


スポンサーリンク

金スマの味噌玉はなぜ痩せるのか

赤味噌の効果

赤味噌に豊富に含まれるメラノイジンが、血糖値の上昇を穏やかにします。

血糖値が上昇し、余分になるとすい臓からインスリンが分泌され脂肪として蓄えられます。

ですから、食後の血糖値上昇を穏やかにすることは脂肪をつきにくくすると考えられます。

白味噌の効果

白味噌に豊富に含まれる乳酸菌が、腸内環境を整えお通じを良くします。

お通じが良くなることは、代謝の促進につながりますのでダイエットに必須の条件でしょう。

玉ねぎの効果

食物繊維と、オリゴ糖と硫化アリルの摂取ができます。

食物繊維とオリゴ糖は腸内の善玉菌のエサになるのでお通じ改善に効果的です。

硫化アリルはビタミンB1の吸収を良くする働きがあります。

ビタミンB1は、糖をエネルギーに変える時に必要ですので、ダイエットに不可欠な栄養素ですね。

りんご酢

むくみ解消に有効なカリウムの摂取が期待できるような意見が多く見られますが、痩せる味噌汁一人前に含まれるりんご酢由来のカリウムは8㎎です。

日本人女性の一日当たりの、カリウム摂取量は2600mgを目標としています。

ですので、カリウム目的には物足りないように思います。

しかし、お酢には酢酸やアミノ酸はエネルギー代謝に欠かせない栄養素が含まれるので、それらの摂取は期待できますね。

また、お酢の酸味は、塩味を強く感じさせるので減塩効果によるむくみ予防が期待できます。


スポンサーリンク

痩せる味噌玉の作り方

材料

約10人前(10杯)

  • 赤味噌80g
  • 白味噌80g
  • 玉ねぎ1個(約150g)
  • りんご酢大さじ1杯(15g)

作り方

  1. 材料を全て混ぜ合わせる
  2. 製氷皿に入れて冷凍に入れる

スポンサーリンク

味噌玉を作ってみました!

玉ねぎは、冷蔵庫で冷やしていたのですがすりおろす、混ぜる、製氷皿に入れる全ての工程で目にしみて涙目でした。

次回はすりおろしたらレンジで温めてみようかと思いました。
(温めたら硫化アリルは多少飛んでしまいますが、食物繊維やオリゴ糖の摂取が期待できます。)

ちなみに、玉ねぎの根を上にするとバラバラになりにくいですよ。

実際作ってみたところ、仕上がりは355gでした。

私の持ってる製氷皿は15㏄×21マスのものですが320g入りました。

なので2個で約30g一人前ですね。

味噌玉は作り置きできるの?保存方法と賞味期限

冷凍保存で2週間という意見が多く見られますが、私は、一か月程度問題ないと考えます。

味噌も、お酢も、長期保存可能な調味料です。

玉ねぎに含まれる硫化アリルには抗菌作用があります。

そして、ホームフリージングのレシピでは、1か月で食べきるようにおススメされているものが多いです。

ただ、頻繁に冷凍庫から出し入れして、何度も常温にさらされると、もちろん痛んでしまいますよね。

多めに作って、作り置きする場合は、1~2週間で使い切る量ごとに、小分けにするのがおススメです。

冷凍しても、固さはシャーベット状なのでジップロックのような袋に入れるのもおススメです。

製氷皿だと、場所をとってしまいますからね。

作り置きには袋が向いてるのではないでしょうか。

痩せるみそ汁の飲み方

飲み方は朝・昼・晩好きな時でOKだそうです。

私は低血圧で朝はスッキリしない体質ですが、朝にこの味噌汁を飲むと、体温の上昇が速やかで体のエンジンがかかっている感じがしました。

ホットコーヒーだけでは得られない温かさでした。

体温上昇=エネルギー消費ですので、私には朝飲むほうが合っていると感じました。

また、食事の初めに飲むと、お腹が膨れるので食べ過ぎ防止につながるのではないでしょうか。

また、飲み方や調理は色んなアレンジがあり、本も出ています。
(医師が考案した長生き味噌汁  小林弘幸 著)

痩せるみそ汁を飲んでみました!

痩せる味噌汁 ベーシック

まずは味噌玉をお湯で溶いたものを飲んでみました。

甘めの麦みそにハマっていた私としては、

「赤味噌の酸味、玉ねぎの辛みにパンチがある」後味も力強いです。

味噌汁は和食の代表格ですが、洋風アレンジにも合うのではと感じました。

痩せる味噌汁 乾物アレンジ

もどした乾燥わかめと、鰹節、刻み葱、味噌玉をお湯で溶いて作りました。

簡単にボリュームのある飲みごたえある一品でした。

痩せる味噌汁 ミルクアレンジ

子どもの食事を用意しなければならなかったので、飲みやすいスープを作りました。

作り方は、パプリカと白シメジ、牛乳、味噌玉をレンジで加熱するだけです。

玉ねぎの辛みが牛乳と、加熱で抑えられて、子どもも飲んでいました。

子どもには、大人の半分の味噌玉を使いました。

痩せる味噌汁 野菜たっぷりアレンジ 包丁、コンロ不要

わりとパンチのある味噌なので、具は甘味のある春キャベツとスイートコーンを使ってみました。

ちぎった春キャベツ、冷凍のスイートコーン、水を器に入れ、レンジで加熱して味噌玉を溶かすだけです。

すりおろし玉ねぎがキャベツに絡んで美味しかったです。

包丁もコンロも使わないので洗い物も少ない!

痩せる味噌汁 肉野菜炒めアレンジ

普段の炒め物の味付けを、味噌玉+みりんで整えてみました。

自分の料理ってマンネリしがちですが、味噌玉があると変化があって楽しいですね。

一週間飲んでみて

体重は変わらないのですが、花粉症の症状が例年よりマシな気がします。

味噌玉で腸内環境が良くなり、免疫機能が整ったかな?

痩せる味噌玉の作り方 まとめ

ダイエットや健康に良いとされる食品や成分は、様々な情報が飛び交っていますよね。

しかし、続かなければ、自分の生活スタイルに合っていなければ意味がありません。

痩せる味噌玉も、ダイエットに有益な成分が色々含まれています。

でも、大事なのは、味噌汁を飲むことで、バランスの良い食生活を目指すことではないのでしょうか。

小林先生の本の冒頭でも、
「病気や不調は生活習慣によるものがかなり大きく、特に食事は大切」というような事を仰っています。

「味噌玉」は便利で美味しく様々なライフスタイルに合わせて活用することが可能です。

自分に合った飲み方で続けることができたら、健康的なダイエットの手助けになるかもしれません。