今日は、3月2日のL4YOUで紹介された「黒バナナ健康法」をまとめてみたいと思います。

みなさんバナナって食べていますか?
手軽に買えるし、朝バナナダイエットも流行ったので、朝食に食べている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
今日は、いつも食べているバナナに一工夫するだけで栄養価がアップする、黒バナナをご紹介します!

黒バナナ



黒バナナは何がいいのか?

いつも食べているバナナを黒バナナにすると、栄養価が格段にアップ!
黒の斑点が多くなるほど、抗酸化作用がアップし、しかも腸内環境も整えてくれるとか。
しかも、体に悪いと言われている糖分は減っていくのだそうですよ。

バナナには、ブドウ糖、ショ糖、果糖の3種類の糖分が含まれています。
黄色い状態のバナナは、ブドウ糖と果糖が6割、ショ糖が4割含まれています。

これが黒バナナになると、ブドウ糖が9割、ショ糖が1割という比率に変化するとか。
ショ糖は肥満に影響すると言われていますので、これは嬉しい変化ですね!

しかも、オリゴ糖は10倍に増加するのだそうです。
オリゴ糖は、腸内細菌のエサになる糖です。

いいことづくめですね!


うつ、不眠症にも効果あり?黒バナナの健康効果

うつ病は、セロトニンという物質が不足して起こると言われています。
セロトニンは、小腸で95%作られているのですが、黒バナナを食べて腸を整えると、セロトニンが増えるそうです。

そして、夜眠くなる理由は、メラトニンホルモンが増えるからなのですが、このセロトニンが代謝することで、メロトニンに変わるのだそうです。

うつや不眠症にも効果があるなんて驚きですね。


黒バナナを作る方法

●保存は常温保存で、15℃〜20℃が熟成に適した温度だそうです。
リビングなどに置いておくだけでもいいそうです。

●バナナスタンドで引っ掛けておくのがおすすめ!
バナナはテーブルに置くと、接地面積が増えるので、傷みやすくなります。

●ポリ袋で熟成促進
バナナの根元から出るエチレンガスは、熟成を促進させます。
ポリ袋に入れ袋内でガスを充満させると、早く熟成するのだとか。

●黒い斑点が5割程度が食べごろ。
熟成が進みすぎると腐敗する可能性があるので、注意しましょう。
保存するときは、根元にラップをし、エチレンガスを止めて冷蔵庫の野菜室で保存します。


黒バナナの力を増幅させる簡単レシピ

黒バナナ酢

材料
・黒バナナ…1本
・黒砂糖…90g
・黒酢…200ml
作り方
1、黒バナナを1センチ程度の半月切りにする
2、密封容器に黒砂糖、黒酢、バナナを入れてかき混ぜます
3、常温で2〜3日寝かせて完成

※血糖値の上昇を抑える効果があるそうです。
※水や炭酸で割って飲んだり、サラダのドレッシング、ヨーグルトのトッピングに使えます!

黒バナナ味噌

材料
・黒バナナ…1本
・味噌…大さじ2
・アーモンド…5粒
・黒こしょう…適量
作り方
1、アーモンドを細かく刻む
2、黒バナナを5ミリ程度の半月切りにし、スプーンでつぶす
3、2のバナナ、味噌、アーモンドを前ぜ合わせ、黒こしょうで味をととのえ完成。



いかがでしたか?
いつも食べているバナナに一工夫するだけで、こんなに効果に違いがあるなんて驚きです!
皮を剥くだけで食べられるという手軽さもいいですよね。

黒バナナ生活、はじめてみませんか?