本日のPONのコーナー「今すぐマネシピ!」では、

沢山の栄養が入っている「きんぴらごぼう」を、
浜内千波さんが「トマトケチャップ」をプラスして作る「きんぴらレシピ」を紹介してくれました!

では、トマトケチャップで減塩「きんぴらごぼう」をつくりましょう!

きんぴらごぼう

きんぴらの材料

ごぼう ・・・・・・・・・1本
にんじん ・・・・・・1/5本
唐辛子 ・・・・・・・・・1本
ゴマ ・・・・・・・・・・小1
しょうゆ ・・・・・・・・小2
水 ・・・・・・・・・・・大1
砂糖 ・・・・・・・・・・小2
トマトケチャップ ・・小1.5

 

きんぴらの作り方

① 「ごぼう」の泥を落とす。
※泥の落とし方は・・・アルミホイルを適当な長さに切り、クチャクチャと丸める。

②洗った「ごぼう」をささがきに切っていく。
※普通ささがきは、包丁で鉛筆を削るようにカットしていきますが、ピーラーを使用すると簡単にささがきができます!また野菜を千切りにするよりもささがきの方が薄くカットできるため、味がからみやすいです!

③ ささがきにした「ごぼう」をサッと水にさらし水気を切る。
※以前「ごぼう」は長時間水やお酢にさらしていましたが、こうすることで香りや栄養が水に溶けてしまうため、サッと水にくぐらせる程度でOKです!

④ 「にんじん」もピーラーでささがきにする。

⑤ フライパンに「ごま油」を入れて、「ごぼう」と「にんじん」を炒めて、さらに「唐辛子」も加える。
※炒めている間にごぼうが黒くなってしまうという方は、火加減が弱いかもしれません。

中火強ぐらいの火加減で炒めて下さいね!

⑥ 油がなじんでしんなりしてきたら、「トマトケチャップ」を加える。(約2分ぐらい炒める)
※なぜ「トマトケチャップ」を入れるかといいますと、きんぴらは炒め物のため、ダシがないぶん調味料で濃い味付けをする必要があるからだそうです!

しかし、調味料を沢山入れると塩分が気になりますので、「トマトケチャップ」を加えることで、旨みや甘み、酸味をプラスして、他の調味料を控えることができるそうです!

⑦ 「水」「砂糖」「しょうゆ」を加えて水分がなくなるまで炒める。

⑧ 最後に「ごま」をふって完成!

 

ごぼうとは・・・

水溶性植物繊維・不溶性食物繊維がバランスよく含まれて、便秘改善に効果大です。
また最近では、腸がんの予防にも効果があることが確かめられているそうなのです。

女性の中には便秘で悩む方も多いと思うので、ぜひ「ごぼう」の栄養をとってお悩み解消してください!

PONのきんぴらゴボウのレシピでした。