スッキリ

熱中症と聞くと真夏に起こるイメージが強いですが、スッキリに出演された済生会横浜市東部病院の谷口医師によると梅雨の時期も熱中症になる恐れがあるそうです。熱中症にならないためにはどんな事に気をつけたらいいのでしょうか?

熱中症対策の前にまずは、熱中症の症状を確認

スッキリ

夏場になると熱中症という言葉をよく耳にしますが、
どんな症状が熱中症なのか聞かれたらあやふやな人もいますよね。
私も、はっきりとは分かっていません。

スッキリでは熱中症の症状も教えてくれたので紹介します。

重症度1
大量の汗やめまい、立ちくらみなどの症状が起こる。現場で応急処置をすれば改善するが、治らない場合は医療機関へ。

重症度2
頭痛や吐き気、だるさなどの症状が起こる。すぐに医療機関で診療する。

重症度3
意識障害やけいれんなどの症状が起こったら、入院が必要。


先日、買い物に行って帰ってきたら頭痛がして吐き気も感じダウン。風邪だろうと病院に行かなかったのですが、もしかしたら熱中症だったのかな。

みなさんは怪しいと思ったら、ちゃんと病院へ行ってくださいね。

スッキリで谷口医師が教えた梅雨の時期の熱中症の特徴とは?

スッキリ

梅雨の時期の熱中症の特徴として、
スッキリで紹介されたのは3つ

・屋内でなりやすい
・自覚症状がないまま熱中症になる
・身体が暑さに慣れていない

夏場は外で熱中症になるのに梅雨の時期は室内でなるのは、
湿度が高くて汗が蒸発してくれないからだそうです。

その為、梅雨の時期は汗を拭くのはダメみたいです。

スタジオの出演者たちも疑問に感じた「汗をそのままにしておくのは気持ち悪い」に対し、
オススメの方法は冷たい水で濡らしたタオルで拭く
冷たいタオルで拭くことで体の熱をとってくれます。

自覚症状がないのは、梅雨の時期は少しずつ汗をかくから
気付かないうちに脱水症状を引き起こすのです。
脱水症状を引き金に脳梗塞になる危険もあります。

そして身体が暑さに慣れていないと、
暑さに対する働きが鈍くなるので熱中症になりやすいのです。

言われてみれば、なるほどなぁって納得です。梅雨の時期って暑かったり寒かったり気温もバラつきがあり、汗をかいてもそんなに気にしませんもね。

筋肉量の少ない人ほど熱中症対策はきちんとするべき

スッキリで谷口医師は熱中症になりやすい人の特徴も教えてくれました。
なんと、筋肉の少ない人が熱中症になりやすいと言うのです。

筋肉には水分を貯めるタンクの役割があって、60㎏の成人だと約20ℓの水分が筋肉中にあります。
しかし、筋肉の落ちた人だと約15ℓ

タンクの容量に5ℓも差があるなら、筋肉量の少ない人が熱中症になりやすいのは納得ですね。

だけど、うちの主人は鍛えていて筋肉量があるはずなのに熱中症になりやすいんですよねぇ。なぜなんだろう。
汗っかきだから、タンクの容量が大きくても間に合わないのかな。

熱中症対策に「インターバル速歩」

スッキリ

熱中症について分かったら、次は対策です。

スッキリで教えてくれたのは「インターバル速歩」

➀ゆっくりと歩く 3分
➁ややきつく感じる程度の早歩き 3分

これを交互に繰り返します。1日15分~30分程度で週4回やるのがおススメ。
注意点として、気温が25℃以上のときはやらないこと

朝晩、お散歩やジョギングをしている人はお散歩やジョギングの代わりに「インターバル速歩」をやってみてはどうでしょうか?

時間がない人は、1セット10回のスクワットを3セットでもいいそうですよ。

筋肉量をアップさせるためにも、
運動後はチーズやヨーグルトなどの乳製品をとりましょう。

熱中症対策に「食べる点滴」

スッキリ

スッキリでは熱中症対策に効果的な「食べる点滴」の作り方も教えてくれました。

材料 
・キウイ 2個
・塩 ひとつまみ
・水 200ml

作り方
➀皮を剥いたキウイを袋に入れ、すりつぶすようにもむ。
➁細かくなったら塩と水を入れ、なじませたら完成。


点滴には糖分、マグネシウム、カリウム、カルシウム、塩分が含まれていて、「食べる点滴」は同じ成分が含まれています

水分や栄養素は寝ている間に外へ出ていくので、寝る前に飲むのがおススメです。

点滴と同じ成分を簡単にキウイで再現できるなんて驚きです。
簡単に出来るし、これは作ってみたいですね。

まとめ

スッキリ

熱中症は夏だけだと思いがちですが、梅雨の時期も熱中症になります

梅雨の時期もこまめに水分補給し、汗を拭くときは冷たいタオルで。
熱中症対策の運動や「食べる点滴」もおススメです。

私も、夏だけではなく梅雨の時期も熱中症に気をつけようと思うのでみなさんも気をつけてくださいね。