乳がん

10月5日のスッキリでは、「マイナンバー制度」の疑問について詳しく解説しました。

「マイナンバーの疑問」について、街の人100人に調査。

そこで出てきた疑問について、一つ一つ解答して下さったのは、内閣府の福田峰之大臣補佐官です。

 

Q1、「マイナンバー制度」って何?(100人中40人回答)

 

国民一人一人に12桁の番号をつけて、社会保障や税金などの行政手続きを効率化しようという制度。

そもそも、この「マイナンバー制度」を導入しようと思ったキッカケは何だったのか?

1億2千万人の人口がいると、同姓同名の人がいたり、同じ生年月日の人がいて、

誰のデータなのかがわからないことが起こった。それが「消えた年金問題」である。

この問題を無くすために、どうしてもこの番号制度が必要だったということ。

 

私達が実際にマイナンバー制度を利用することができるのは、来年1月からで、

「社会保障」「税」「災害対策」の3分野に限られている。

また、マイナンバーのメリットとしては、行政の手続きが簡素化されて、行政運営が効率的になること。

 

Q2、私達の生活にメリットは?(100人中8人回答)

 

マイナンバーは、運転免許証のように顔写真付きの公的な身分証明書になる。

また、今後は私達の生活を便利にする可能性がある。

まず、健康保険証と一体化することは既に決定していて、現時点では任意の制度。

2017年以降はこの健康保険証の機能を全てもたせるという。

更に、カードにはICチップが搭載されているため、

将来的には、キャッシュカードやクレジットカード、そして図書カードやTポイントカードなど、

多機能を一本化することができるという。

ただ、国民のための仕組みというよりも、国が国民を管理することを目的になるのではないかと懸念。

 

Q3、私の個人情報大丈夫?(100人中37人回答)

 

必要な時にマイナンバーで自分の情報を呼び出すという仕組みであって、

マイナンバーカードにデータが入っているわけではない。

また、万一カードを紛失したり盗難にあっても、

ICチップに記録されているのは、名前や住所などの基本情報のみであるため、

プライバシーにかかわる情報は、カード自体に記録されていない。

また、情報へのアクセスは暗唱番号が必要で、顔写真ものっているため、

不正利用されにくい。

 

いかがでしたでしょうか?

これからもどんどん最新情報が出てくるとは思いますが、

知識不足を逆手に、詐欺まがいの行為が既に報告されているといいます。

このマイナンバーの手続きの書類は、

今月20日頃から来月末頃までに国民一人一人に「簡易書留」という対面での郵送になるそうです。

郵便ポストに投函されていたり、対面でも家族構成を聞かれたり、現金を払うことは絶対にないので、

詐欺にあわないよう、ご注意ください!