おしりエクササイズ

 

5月27日にスッキリ!でおしりエクササイズが紹介されていました。

お尻専門トレーナー松尾タカシさんが言うにはお尻の形というのは大きく分けて3つのタイプがあります。

その①洋梨タイプ

このタイプは、腰が反り返ってしまい背中の筋肉に負担がかかってしまいます。
それが原因で肩こりや腰痛が多いのです。

その②扁平タイプ

このタイプは、筋肉が発達していないので歩行中の衝撃をおしりで吸収できず足腰に負担がかかります。

その③アヒルタイプ

アヒルタイプはおしりの筋肉が発達していてお尻で体重を支え足腰への負担がが少ないです。
理想のタイプのお尻と言えます。

街頭で調査した所、日本人に多いのは洋梨タイプや扁平タイプです。
アヒルタイプは外国人に多いようです。

 

日本人もエクササイズをするとアヒルタイプのおしりに近づけるか!?

松尾式エクササイズで理想のお尻にしてみましょう。

ではどうやっておしりエクササイズをするのでしょうか?

レッスン1 お尻の筋肉を簡単に動かす

1.壁側の脚を水平に上げる。
2.ももを数㎝上下に動かす(左右30回ずつ)

ポイントは、体が地面に垂直になるようにすることです。

一番低くても水平に上げる事と松尾さんは言われてお尻を触ってみると固くなっているはずとのことです。

お尻の筋肉が自然に伸び縮みして鍛えられるんです。

30回するのがきつければ10回でも良いそうです。

最初は少ない回数からでも少しずつやってみるとよさそうですね。

レッスン2 寝る前の30秒でおしりエクササイズ

1.ひざを立てて仰向けに寝る
2.お尻を持ち上げ一直線にする(肩から膝までを斜め一直線)
3.ひざを最大限に開く

できるだけ最大限に開いたほうが効果があるそうです。

こうすることにより普段伸びているお尻の筋肉が収縮します。

膝を開いた状態で30秒間キープします。

お尻と連動しているお腹の筋肉や骨盤の中の筋肉も使って運動していくので色々なところにプラスな影響がある
そうです。

おしりエクササイズをすることによりシェイプアップや腰痛対策につながるというのは良いことですね。

しかも寝る前に出来る簡単さがいいです。

おしりエクササイズ

 

これらのレッスンをすることによりお尻が鍛えられ理想のアヒルタイプに近づけるかもしれませんね。

腰が痛いと困っている人もこれらのレッスンをすることにより腰痛がやわらぎそうですね。

お尻の専門トレーナーだからこそよく理解してこれらのおしりエクササイズを伝授してくれたのですね。

夏に向けてのダイエットにもつながります。

この二つのエクササイズの良い所は部屋で一人でできるという点です。

毎日少しずつでもしていると継続は力なりという事で成果がでているでしょうね。

お尻をこうして鍛えるというのは思いつきもしませんでした。

お尻によって背骨などや体の体重の支え方など色々腰痛などにつながるというのもあまり考えもしませんでしたが、こういったトレーニングをすることでそれが解消されるならしてみる価値はあると思います。