炊き込みご飯というと、土鍋で炊くイメージがありますよね。

でも、家には土鍋がない・・・という方もいらっしゃると思います。
土鍋を持っていなくても、家庭にある調理器具で簡単に作れるのです!

その調理器具とは、なんと「フライパン」!!

フライパン

10月7日のスッキリでは、

和食の王様「炊きこみご飯」を、フライパンで作れるレシピを紹介してくれました!

レシピを紹介していただいたのは、
東京渋谷区にある土鍋ご飯「おこん」の店主。

お米を美味しく炊く方法を書いた本を出版している、
お米を知り尽くしている達人、小柳津大介さん!

出版している本はコチラです。

いつものお米を10倍おいしく炊く方法

では、失敗しないフライパンで作る鶏肉の炊き込みご飯のレシピを紹介します!

1、油はひかずに強火で鶏モモ肉を焼いていく。

焼いていると鶏肉の油が出てくるので、この油が後でご飯を炊く時の旨みに変わります。鶏肉の表面が白くなったら、一度取り出します。

 

2.鶏肉を取り出したフライパンに、あらかじめ水に30分浸したお米を入れる。

鶏肉から出た油でお米を炒めることによって、お肉の旨みがプラスされます。

 

3、お米の上にニンジン・ごぼう・しめじをのせていく。

ニンジンとごぼうは短冊切り、しめじは手でさいてのせます。
さらに、季節感を出すために、紅葉の形にカットしたニンジンを上にのせても素敵です。

 

4、野菜の上にさきほどの鶏肉を戻す。

一番最後に鶏肉を入れることで見栄えが良くなるといいます。

 

5、フライパンのフチから回しいれるように、水・酒・塩を入れていく。

6、フライパンに蓋をして、強火で3~4分沸騰し、弱火にして3分炊いていく。

この時に透明の蓋を使用すると、中身の具合が見えて失敗しないというメリットが!
土鍋ですと完全に見えないですもんね・・・。

 

7、炊き終わったらコンロからフライパンを降ろして、10分間蒸す。

その時にタオルをかけると、熱がこもってお米がふっくらするといいます。

 

8.再びフライパンを火にかけて、1分ほど強火で加熱して焼き目がついたら完成。

フライパンなので、こびりつかずに焼き目もキレイで、洗うのも簡単です。

 

いかがでしたか?

失敗なしに炊けて、しかも後片付けも簡単とあっては、こんな主婦の見方のレシピはないですよね!

家族が炊き込みご飯が大好きなので、私も早速チャレンジしてみたいと思います!