女性が働いて輝いている時代で家事の負担を何とかしたいと思っていると思います。
そんな悩みは家事支援サービスで解決されます。

家事支援サービス

しかし家事支援サービスを利用している人っていがいに少ないのです。

アンケート調査でも

サービスを知っているが利用したことがない人が70%。
サービスを知らない人が27パーセント。
利用している・したことがあるという人が3パーセントなんです。

なぜ利用するのに抵抗する人がいるのかと言えば

家事をしてもらうというのはお金持ちの人のイメージであるということ、
家を人に見られるのに片づけするのが面倒だという人がいるようです。

それぞれに家事代行サービスを利用する前にブレーキをかけてしまっていることが多いです。

こういった事情を踏まえて家事支援サービスは、
お試しキャンペーンや定額サービスといったものを設けています。

実は、家事支援サービスは利用しやすくなってきているのです。

今回調べた家事支援サービスは

「ベアーズ」のお試し体験を利用するお宅の取材です

二人のママは今まで利用したことがなく抵抗が少しあったようです。

今回のお試しプランは、3時間(通常1,2000円)9000円+交通費です。

頼めるプランは自由に選ぶことができ今回お願いしたのは、

買出し、夕食の準備、水回りの掃除、アイロンがけをお願いしました
中でも特にお願いしたかったのが夕飯の準備だそうです。

下の子の離乳食が始まって上の子供(三歳)の分と大人の分も作ってと、3種類献立を考えるだけでも大変で負担が大きかったようです。

献立はお任せで事前に買い出しを頼んでいたので
それと冷蔵庫にあるものを自由に使ってもらいます。

家事支援サービススタッフが作ったのは
鮭のムニエル、中華風野菜炒め、長芋サラダ、味噌汁です。

経験豊富な主婦だからこそこのようにメニューが豊富だと言えます。

夕食の準備をしている間にママは、子供達とお散歩します。
いつもなら献立を考えながらのお散歩や遊びになるので気が気ではありませんが、今回はゆっくりと子供達と何も考えずに過ごせます。

他にもベアーズではさまざまなプランを用意しています。

水回りのお掃除パック(キッチン・風呂・トイレ・洗面所)2時間で4700円(税抜き)など色々なサービスがあります。

3Mお掃除セット・ベアーズ家事代行チケット3時間付き

こういったサービスのおかげでベアーズではここ最近利用する人が増えてきたようです。

利用者の半数が共働き世代だそうです。
そして共働き世代の利用が特に多いのは、仕事が終わってからの3時間です。
買出し、夕食、洗濯、掃除を代行してもらうことで子供と過ごす時間を増やせたりします。

仕事が終わってからの負担を軽減することで別のことに時間を使う事が出来るのです。

スッキリが調べたこの家事お願いしたいランキング

1位が掃除 

2位が洗濯  

3位が料理

3位は、色々な料理が食べたいという思いや
見ていて勉強したいというのもあるそうです。

2位は子育て世帯は洗濯物が多いようで、洗濯をしてくれれば助かるようです。

1位は掃除であそこもここもと、とにかく掃除してほしい所はいっぱいあるようです。

なんとなくこの3つは理解できますね。
実際自分がいる中でこれをやってくれている間に子供と過ごせたらとても有意義な時間を過ごせそうです。

家事玄人 らくらくお掃除セレクトパック

新しい家事支援サービスの販売方法としてチケットを売り出す所があります。

家事代行全般をチケット型にした新しいサービスがあります。
店頭で売っているチケットを購入して代行をしてもらったあとの支払いにこれを利用するのです。

お得なサービスを選べるチケットもあり、
母の日のプレゼントなどに選ぶ人も居ます。

→  カジタク チケット型家事代行サービス 「家事玄人 らくらくお掃除セレクトパック」 

家事支援サービスをもっと利用してもらうには、
企業側のサポートも必要であると言われています。

雇用している企業が社員の両立支援として、
一定の利用費用の補助をする必要があると言っています。

確かにこのような家事支援サービスというのは
利用しやすくなってきていると思いました。

昔のイメージでいてはダメで、
働く世代はどんどん利用すればいいなと思いました。