最近街中で見かけるスポーツタイプの「電動自転車」。

以前の「電動自転車」といえばママチャリタイプが多く、
子供や荷物を運ぶことをメインにした利用方法が一般的だったのですが、

年々出荷台数が増え、もっと多くの人に利用してほしいというおもいから、
若者や男性向けのオシャレな電動自転車を作るメーカーが増えているといいます。

重量は以前のママチャリタイプの電動自転車が約30kgあったのに対して、
最近のスポーツタイプは約17kgだといいます。

今人気ランキングTOPの電動自転車はこちらです。

パスピエ20R

昔の話しになりますが、子供が小さい時に幼稚園で具合が悪くなり、
「電動自転車」で迎えに行ったことがありました。

しかし、家を出発してちょうど坂に差しかかった時にまさかの充電切れ!

お迎えに行くことを想定していなかったので、充電することを忘れてしまっていたのです。

「鉄のかたまり!?」になった電動自転車を、途中で乗り捨てて子供を迎えに行き、
帰りは具合の悪い子供に一緒に押してもらいながら帰宅したという、なんとも哀れな経験がありました(笑)。

子供が学校に上がってからはほとんど乗る機会がなくなってしまいましたが、
あの日・・・2011年東日本大震災の時は、帰宅難民の方々のニュースを拝見して、

自転車の便利さが改めて再確認させられた瞬間もありました。

普通の自転車ではちょっとキツイ距離も、電動自転車なら行くことができる場合もあるでしょうし、今後も私たちの生活を便利にしてくれるであろう「電動自転車」。

ZIPではいつかの商品を紹介していましたので、参考に載せさせていただきます。

YAMAHA/YPJ-R(248.000円)

YAMAHA/YPJ-R

「かっこ良くて軽い」をモットーに作られた電動自転車でスマホ充電も可能!

BRIDGESTONE/リアルストリーム(152.800円)

ブリジストン リアルストリーム

カロリー計算や残りアシスト距離計算が可能な電動自転車!

一台あれば少し遠くの場所までラクラク移動できる
素晴らしい乗り物「電動自転車」。

これからも私たちの生活に大活躍まちがいなしです!