先日ZIPで取り上げられたアニメ「響け!ユーフォニアム」。
吹奏楽部に所属する高校生たちが、苦難を乗り越えて成長していく青春物語です。

「響け! ユーフォニアム」は武田綾乃さんの青春エンタメ小説
「響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ」が原作。

響け!ユーフォニアム

主人公の黄前久美子は、ユーフォニアムという楽器を担当している高校一年生。

ユーフォニアムという楽器はこういうものです。

ユーフォニアム

なんかトランペットに似ていますね♪

さて部員たちは全国大会を目指して日々練習を重ねていくのですが、
その道のりは決して一筋縄ではいきません・・・。

そんな部活アニメの見どころをサンキュータツオさんが紹介しました。

私は部活アニメというと、運動部のイメージが強かったので、
吹奏楽部のアニメというのは初めてでした。

そしてサンキュータツオさんが注目しているこのアニメの見どころは、
他の部活アニメは、仲間と一緒に大会を目指して盛り上がるといったストーリーが多いのですが、
このアニメは部員の中で、一人一人の部活への気持ちが違うところだといいます。

ある生徒は一生懸命練習をし、ある生徒は部活を楽しみたいぐらいの気持ちしか持っていない。このように色々な人物を登場させることで、現実味をおびた内容になっていると、サンキュータツオさんはお話ししていました。

そして私も注目したのは、演奏をしているシーンです。

まだ演奏が未完成のシーンと、完成に近いシーンとでは、
よーく演奏を聞くと微妙な違いが表現されています。
実は私は学生の時に吹奏楽部だったのです。

ですので、この微妙な違いを耳をすませて聞いてみました。
確かに音のハリがちがうと思いました!

吹奏楽部の皆さんはもちろん、
そうでない方にも、この細かい演出も楽しんでいただきたいTVアニメだと思いました!

TVアニメを見れない人は「響け! ユーフォニアム」の原作をご覧ください。

→ 響け!ユーフォニアムの原作はコチラから