毎日美味しくてかつ斬新な料理を提供してくれる「Moco’sキッチン」!
今回のご依頼は「カキ」です。

家族みんながカキが大好きだけど、お母さまの作るカキ料理は、
カキフライか焼きカキばかりという定番なメニューとのことで、
他のカキ料理も味わってみたいといったご依頼です。

そこで、今回もこみちさんが考えたお料理は、「カキの旨み」を存分に生かしたメニュー!

「カキの旨みが止まらない!ひと味違う中華炒め」

モコズキッチン カキ

早速テキパキと作業に入るもこみちさん。

まず、カキは臭みを取るために、紹興酒と塩コショウで酒煎りして、
残った汁はとっておきます。

このひと手間が魚貝料理には大切ですよね!

そして片栗粉をまぶした後、軽く油で揚げます。

次に油をひいたフライパンに、2等分にしたふくろ茸と4等分にした青梗菜、
千切りした生姜を入れます。

更に乱切りした赤ピーマンと斜め切りにした長ネギも加えて更に炒めます。

ところで、ふくろ茸って知っていますか。
私は今回初めて知ったのですが、ふくろの中にきのこが入っているように見えることから、こういう名前がついたと言われています。

そして日本であまり売られていないのは、傷みが極端に早いからということもあるようです。

さて、お料理に話しを戻しますと、
野菜を炒めているフライパンに、先程のカキを加え、酒煎りした時にとっておいた汁も足して風味を出します。

最後に紹興酒・しょうゆ・オイスターソースで味付けをして、塩とブラックペッパーで味を調節したら完成です!

今回の勝手にチェックポイントは、青梗菜を4等分にするという大胆なカットが目をひきました!

また、ここで使ったオイスターソースですが、調味料としてはとても万能で、
特に中華風の炒め物を作るときは、このオイスターソースだけで一品できてしまうほどです。

カキ料理のレパートリーに加えてみてはいかがでしょうか!
モコズキッチンでした。