キャンプ

5/12放送のZIPで進化しているキャンプを調べていました。

実際にキャンプに来ている人たちにインタビューして
今どんなテントを使っていたり、料理を作ったり遊んだりしているのか
という事を実際に調査していました。

これからキャンプに行こうと計画している人達に
新しいヒントになったり、

今から始めてみようと考えている人にも
キャンプって楽しいなと思ってもらえると思います。

最近のキャンプってどんなことしているの?

まずZIPがテーマにしていたのは、
キャンプに来ている人たちにあなたの自慢は?
ということで聞いていました。

その中で

ワンポールテント」 という答え。 

知らない人は何のことかわからないでしょうが

実は、もともとはアメリカ先住民の移動式住居「ティピー」がモデル
周囲を杭で止めるポール1本だけで出来るのです。

ワンポールテント

インタビューしていた方は、ワンポールテントの中に
寝る用のテントを立てていました。

中は天井が高くお洒落なのでキャンパーに人気が出ているそうです。

他にもテントでいうと2ルームテント3ルームテントなど
部屋を分けられるものが流行しているようです。

テント 3人用 ドッペルギャンガー 2ルーム ワンタッチテント

広々としたテントを使う人が増えているようです。

キャンプでの料理

ではよくキャンプ特集などでお洒落な料理を見かけるようになりましたが
どんな料理を作っている人がいるのでしょうか?

これを調べてみると

スキレット」を使っている人が多いそうです。
スキレットとは、鉄の鋳物(いもの)のフライパンです。

スキレット 6-1/2インチ

スキレットは熱伝導に優れているので様々な料理が作れるのです。

アヒージョや煮込みハンバーグに燻製など
スキレットの利用の仕方の工夫により色々作れそうでした。

そういえば家庭でもお洒落なのでスキレットを使う人が増えていますね。

他にも

テレスコーピングフォーク」といった
伸縮自在で食べ物を回して焼くことができるフォークも自慢している方もいました。

テレスコーピングフォーク

最初は、酒のつまみを焼いていたそうですが
マシュマロなどを焼いて子供が喜んでいるそうです。

一瞬長い棒を火の回りで回して何をしているのかと思えば
食べるために焼いていたんですね。

こうしてみると家族でもこの行為だけでも楽しめそうな気がします。

子供がキャンプでワクワクできるというのは良いですね。

その他に「ビアカンチキン」という料理が流行しているようです。
中身の入ったビール缶の蓋を開け丸鶏をさして焼く料理だそうです。

ビア缶チキン(ビアカンチキン) 

やわらかくてとてもおいしいそうです。
日本に浸透しつつある料理になってきているようです。

キャンプ料理のバリエーションが広がり、お洒落な料理が増えてきているようですね。
これは女子が好きそうな感じのものが多そうです。

日帰りでお料理がで食べて帰っても楽しめそうです。

キャンプでの遊びは? ZIP

テントに料理とくれば次は遊びです。

実際キャンプに来ている人たちはどんなことをして遊んでいるのでしょうか?

モバイルプロジェクターを持ち込んで
映画をみて楽しむという人がいました。

モバイルプロジェクター

このモバイルプロジェクターは、
スマホでつないで映画などを大画面で見るアイテムなのです。

テントの壁に映して楽しむようです。

犬を連れてプライベートドッグランを作られている方も居ました。
ネットをはって犬を自由に遊ばせることができるので飼い主たちも楽しめるようです。

他には スラックラインをしているかたがいました。

これは、エクストリームスポーツとして話題になった
綱渡りがキャンプ場に持ち込まれていたのです。

スラックライン

すごい技をされる方がいると前にテレビでみたことがありましたが
キャンプ場で普通に楽しむ人たちが増えてきているのですね。

これはテクニックがいるので何回も練習が必要のようです。
体が鍛えられそうだし楽しめそうですね。

子供にやらせてもいいと思います。

みんながそれぞれにキャンプで楽しもうとしているのが伝わりました。
どんどん新しいことが取り入れられてきてキャンプも進化してきています。

子供の時以来キャンプなんて行ってないという方には
是非遊びに行ってほしいと思います。

自然のなかにいるだけで解放感もあり
楽しめるのでよいストレス発散にもなると思います。
家族や仲間と楽しめるのが良いですね♪